ブログ

国立大学合格者が教える。推薦入試の小論文・面接対策は?

投稿日:

「大学受験、推薦入試で合格したいけど、小論文や面接が…」

おそらく、推薦入試に興味がある人や、人前で話すのが得意ではない人は、このような悩みを抱えているのではないでしょうか。

実は、推薦入試のための、小論文・面接の対策がきちんとあるのです!

実際に、推薦入試を意識した小論文・面接対策を行なうことで、僕は推薦入試で国立大学に合格することが出来ました。

今回は、僕自身が、国立大学の推薦入試に合格するために行った、小論文・面接の対策について共有していきたいと思います。

この記事を読み終える頃には、推薦入試での合格に1歩近づいているはずです。

少しでも参考にして頂けると嬉しいです^^

推薦入試の鬼門。決勝戦で勝たなければならない。

大学入試の試験方法に、推薦入試という方式があります。

推薦入試は、小論文や面接、学校の成績で合否が決まります。

合格までの流れとしては、
①高校から大学に推薦願いを提出する(高校に認めて貰う)
②大学に推薦願いが受理される(小論文や面接で合格し大学に認めて貰う)

といったステップを踏んでいきます。

この記事では、②の攻略法についてお伝えしていきたいと思います。

 

①と②、いったいどのような違いがあるのでしょうか。

①高校から大学に推薦願いを提出する(高校に認めて貰う)の場合は、1回戦のようなイメージです。

部活に励む人、バイトに励む人、ゲームをしてダラダラ過ごしている人など。

比較的能力に差があって、大学に認められるという点においては、適している人材はわずかです。

1回戦の戦い方に関しては、下記の記事をご覧下さい。

https://o-kaminews.com/2019/05/02/112/

対して、②大学に推薦願いが受理される(小論文や面接で合格し大学に認めて貰う)の場合は、決勝のようなイメージです。

やはり推薦と言われるくらいですから、他の高校からも、その高校のお墨付きの優秀な人材が集まってきています。

大学に認めて貰うためには、その人達よりも、更に抜きんでる必要があるのです。

ライバルも強いのですから、きちんと対策を行わないと勝つことが出来ません。

大学に認めて貰う、決勝戦で勝つには、どのような対策を行っていくべきなのでしょうか。

冷静沈着な小論文。熱き想いの面接。

推薦入試の対策として、小論文面接があります。

 

小論文とは、社会の問題や、課された課題に対して、論理的に文章を組み立てて、相手を説得していくモノです。

多くの受験生が、苦手とする部分でもあります。僕も苦手でした。

なぜなら、今までの学校での頭の使い方と全然違うからです。

学校(高校)での成績を良くするには、基本、テストで良い点数を取るだけで良かったのです。

そのテストは、「1+1=2」といった、1つの問いに対して、1つの答えがあるもの。

しかし、小論文は、答えがないのです。ある程度、型であったり、ポイントはあるのですが、答えは千差万別であり、そこに戸惑いを感じます。

ただの記憶の作業(学校のテスト)では身に付かなかった、文章能力、相手に伝える力、論理的な思考、自分の考えを発信する力など、対策を行う上で初めて鍛える能力が多いです。

ですが安心して下さい。文章を書くのが苦手な僕でも、小論文が得意になっていきました。

詳しいポイントは、後ほど解説してきます。

 

対して、面接とは、自分の想いや、大学に進学したい理由を、コミュニケーションを上手く取りながら、熱い思いを持ちながら、大学側に伝えていくモノです。

人前で話すのが苦手なタイプに人は、難しく感じるところでもあります。

僕も、昔から人と話すのは苦手なタイプなので、すごく苦労しました。

ある程度仲良くなった友達とは全然喋れるのですが、初対面の方はすごく苦手です。

ましてや、大学の教授のような、重圧のある方と何人も同時に会話をするとなると。

考えただけでも恐ろしくなりました。

しかし、こんな僕でも、いざ本番となると、一切緊張することもなく、すんなり面接をすることが出来ました。

 

小論文と面接。

見てきたとおり、かなり求められる能力に差があります。

なので、それぞれを完全に分けて、全く違った対策を行っていく必要があるということです。

以下で詳しく解説していきたいと思います。

大学合格の推薦入試対策(小論文編)

ここでは、小論文の対策についてお伝えしていきたいと思います。

夏休みの読書感想文が1日かけても終わらないくらい、文章が苦手だった僕。

そんな僕が小論文を攻略出来た対策をお伝えしていきます。

型を身に付けろ(結、起、承、転、結)

小論文には型があります。

「結→起→承→転→結」といった型です。

よく聞くのが、「起→承→転→結」という型だと思います。

いわゆる、起承転結というものですね。

流れはだいたい似ているのですが、冒頭に結、つまり結論を持っていくという点で違いがあります。

どうしてこの型なのかは、小論文について理解すると、納得が出来ると思います。

小論文、つまり小[論文]。論文の簡易的のモノということです。

論文とは、大学生ならではの視点で、卒業論文だったり、教授が論文を出したなどのイメージがあると思います。

長ったらしい文章ですから、さっさと結論を知りたいというのは当たり前だと思います。

なので小論文でも、結論を前に持ってくるということです。

コツとしては、必ず結論を決めてから、型に当てはめていくことです。

ゴールがわからないのに辿り着くのは難しいです。

読み手の気持ちを考える

読み手に、自分の意見や考えを上手く伝えるには、読み手の気持ちを考える必要があります。

どうしたら、わかりやすく伝わるんだろう。

そんな風に、自分が相手の立場に立って考えていきます。

小論文だけではなく、普段の文章、コミュニケーションにも大切な考えです。

例えば、大学の小論文、つまり、自分と違う世代の大人が読み手の場合。

普段、学校で使っているような、最近の流行の言葉を小論文で使ったところで、大学の教授には意味が伝わりません。

でも、それが伝わるかどうかは、やっぱり自分ではわかりません。

なので、高校の先生に添削をお願いをするなどして、客観的に判断して貰いましょう。

自分を抑える

時には、自分を抑えることも大切になってきます。

自分の意見や考えを論じていくのが小論文です。

しかし、これはテストです。

自分の意見が、テストにそぐわない場合もあります。

その場合は、自分を抑えて、社会的に良い風な意見を書く必要があります。

これも、戦略の1つです。

やっぱり、そういった社会に適応していく力も、大学側は判断しているのかと思います。

大学合格の推薦入試対策(面接編)

コミュニケーションが苦手な方は、面接を苦手としていると思います。

僕自身、コミュニケーションは苦手でしたが、というより今でも苦手ですが、きちんと対策を行うことで、きちんと合格をすることが出来ました。

1つずつ解説していきたいと思います。

ひたすら練習をする

何事も身に付けるためには、ひたすら練習をする必要があります。

練習して、慣れていくことで、上達していくのです。

面接の練習の仕方としては、誰かに協力して貰う必要があります。

例えば僕の場合は、推薦受験者同士で面接をし合っていました。

そうすると、相手も本気で向き合ってくれますし、逆に自分が面接官の立場に立って面接をすることも出来るので、成長をすることが出来ます。

また、先生にお願いをすると、緊張感を持って面接の練習をすることが出来るのでオススメです。

僕は、教頭先生にまでお願いをしていました。

他にも、親や、塾の講師、などなど、色んな人と、場数を踏んでいくことが大切です。

面接の合格者になりきる

自分を出したり、場数をこなすのも大切ですが、僕が特に意識していたのが、面接の合格者になりきることです。

「僕は面接に合格している。合格者らしく堂々と。」

そんな風に、自分に思い込ませて、面接の合格者になりきることが大切です。

そうすると、不思議と自信が沸いてきます。

自信さえ身に付けたら、こっちのモノです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

僕が国立大学に推薦入試で合格をした、面接・小論文の対策をお伝えしてきました。

もちろん、これは僕の対策であって、人によっては合わないこともあると思います。

しかし、僕のように実際に合格している人がいるので、少しは役立つのではないかと思います。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

-ブログ

Copyright© オオカミニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.