ブログ

大学を休学した僕が教える。休学のために親を説得する方法。

更新日:

「休学したいけど、どうやって親を説得すれば...」

おそらく、大学の休学を考えている人は、このような悩みを抱えているのではないでしょうか。

やっぱり休学の問題には、親はつきものです。

僕自身、休学をするにあたって、同じような悩みを抱えていました。

しかし、無事に親を説得して、休学をすることが出来ました。

今回は、親を説得する理由、親が休学を反対する理由、僕が休学を説得した方法について、共有していきたいと思います。

この記事を読み終える頃には、休学をするための親の説得の方法がマスター出来るはずです。

少しでも参考にして頂けると嬉しいです。

 

休学をする。親を説得する必要は?

休学をするにあたって、やはり親を説得する必要があると僕は思います。

「自分の人生だし、自分で決めても良いじゃん。」

そんな風に感じる人も多いと思います。

確かに、自分の人生だし、自分で決めても良いと僕も思います。

しかし、休学を自分勝手にやっても良いのかというと、それは違います。

なぜなら、学生の間は、まだ子供だからです。

もちろん、未成年の方もいますし、学費や生活費を親に支援してもらっている方も多いと思います。

親があって今の自分があるのに、それを無視して勝手に休学だなんて、人としてダメだと思います。

きちんと親を説得して、納得してもらって、休学をする必要がありますね^^

親が休学を反対する理由は、子供が心配だから。

どうして親は、子供の休学を反対するのでしょうか。

様々な理由があると思いますが、主な理由は心配だからです。

確かに、普通に考えると心配だと思います。

休学をするということは、悪い言い方をすると、邪道です。

皆が歩く道から外れるということです。

「小学校→中学校→高校→大学(専門学校)→就職」

この流れが、いわば王道です。

普通に進学をして、普通にステップを進めていけば、ある程度は就職が出来ます。

休学とは、この道から一度離れることです。

逆に考えてみると、「親が仕事をやめて起業をする」というようなモノです。

そりゃ心配すると思いませんか。

その道の先に何があるかもわからないし、元の道(王道)に戻ってくるかもわかりません。

 

僕の場合は、当時、国立大学に通っていたので、尚更この心配が強かったです。

国立大学に推薦で入学した僕。今まで、親や先生の言うことを聞いて、真面目にやってきました。

王道をきちんと歩いてきました。そんな僕がいきなり休学をするなんて。

名だけは国立大学。地元(沖縄)の中ではトップの大学。

普通に卒業をしたら、地元では有数の大手企業に就職出来る可能性も十分あります。

安定が間近にあるのに、茨の道に進むなんて。そりゃ心配します。

親の説得をするには、心配を取り除くことは絶対必要になりそうですね。

僕が親を説得した方法

実際に僕は、どのようにして親を説得したのでしょうか。

当時の僕の状況は以下のような感じでした。

・19歳。地元は沖縄。
・沖縄(地元)の国立大学に現役合格。
・2年次の1年間休学を希望。
・休学の理由は東京で仕事をする。

このような状況で、どのように説得をしていったのでしょうか。

1つずつ丁寧に解説していきたいと思います。

心配を解消して安心させる

1つ目は、心配を解消して安心させることです。

親が休学を反対する理由は、主に心配するからだということをお伝えしました。

ならば心配を解消すれば良いのです。

何が心配なのかというと、就職に影響が出ることです。

親としては、きちんとした会社に就職して、安定した生活を送ってほしいと思っています。

僕も子供には、安定した生活を送ってほしいものです。

 

この心配を解消するためには、将来(就職)への影響は少ないということを伝える必要があります。

決して感情的にではなく、あくまでも論理的に話を組み立てていくことが大切です。

初めに、具体的な仮定を提示して、自分のフィールドに持ってきます。

例えば、留学を理由に休学をしたい場合。

「もしも自分(親)が社長だったら、留学に行って多様な価値観や語学力を身に付けた人と、何にもせずに適当に大学に通っていた人、どっちの人材が欲しい?」

そんな仮定によって、まずは1歩動かします。

そのあと、休学は就職には影響がないということ、むしろ頑張り次第ではプラスになることを、ネットなどで調べたデータ(証拠)をもとに説明します。

きちんと説明すれば、心配は解消されていきます。

あくまで、論理的に。冷静に。言っていることに間違いは無いのですから。

 

自分のメリットを伝える

2つ目は、自分のメリットをきちんと伝えることです。

たとえ親の心配を解消したとしても、それは0の状態になっただけです。

きちんとメリットを伝えていって、プラスにしていく必要があります。

休学をすることで、どんなメリットがあるのかを伝えていきましょう。

例えば、留学に行く場合。

メリットは、海外の文化に触れられる、語学力を身に付くといったモノが挙げられます。

ここで単に、そういったメリットを親に伝えたところで、効果はあまりありません。

なぜなら、親もそんなメリットがあることくらいは知っているからです。

確かにそうですね。ちょっと調べたり考えたら、すぐにわかります。

 

このメリットを伝えるときに大事なのは、具体性将来性です。

先ほどの留学での、語学力が身に付くというメリットを例に取ります。

このメリットは、あくまで手段にしか過ぎません。

これを「語学力が身に付いて、小さな頃から夢だったキャビンアテンダントに1歩近づく」と説得してみるとどうでしょう。

そこまで将来のことを考えているなら。応援してみようかな。そんな気持ちになると思います。

具体的に。将来性を持って。親を魅了していきましょう。

親にとってのメリットを伝える

3つ目は、親にとってのメリットを伝えることです。

先ほどは、自分(子供)のメリットを伝えてきました。

子供の幸せが、親とっての幸せ。そんな風に言われています。

でも、親も1人の人間です。

親自身のメリットを伝えていくことで、説得を確実なモノにしていきます。

 

僕が実際に行った、親へのメリットの提示を例にしましょう。

まずは、親の性格を見抜くことから始まります。

僕の親は、僕が国立大学に進学したり、妹が部活で全国制覇したことを、すごく自慢げに周りの人に話すタイプでした。

このことから、子供の結果=親の結果といった考えなのだと見抜きました。

その考えが、良い悪い、好き嫌いという問題ではなく、純粋にそこにアプローチをしていきます。

僕が休学をした理由が、「東京で1年間就職する。」といったモノです。

これを親のメリットに全力で変換していきます。

「子供が東京(六本木)で働くよ」「成功したら起業するかもよ」といったモノです。

 

不安の解消→自分のメリットの提示→親にとってのメリットの提示

これらが、親にどう響いたのかは親にしか分かりませんが、休学を許可してくれたのは事実です。

賛成:反対=100:0にする必要はありません。

60:40、51:49でも、賛成は賛成なのです。

無理に100にするのは逆効果なので、注意をしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

親が休学を反対する主な理由は、心配だからということです。

なのに、それを嫌に思ったり、無視したりするのは、いけないことですね。

きちんと説得をして、送り出してもらう必要があります。

僕が大学休学をする際に実際に行った、親の説得方法をお伝えしてきました。

人によっては合う合わないはあると思いますが、この方法で僕は説得をしたということは事実です。

「不安の解消→自分のメリットの提示→親にとってのメリットの提示」

説得に迷っている人は、この流れを参考にしてみて下さい。

 

1つ注意しておくべき事が、決して休学をすることがゴールではないということです。

その休学を良いモノにするために、休学生活を全力で頑張りましょう。

 

-ブログ

Copyright© オオカミニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.