ブログ

デスクワークや勉強の疲労にオススメ。スッキリ気分の疲れ解消法。

更新日:

「ずっと座って作業をしていると、なんだか疲れるんだよな...」

おそらく、勉強やオフィスワークで座って作業をすることが多い人は、このような悩みを抱えているのではないでしょうか。

実は、疲れをスッキリさせる方法がきちんとあるのです!

実際に、毎日のブログの更新で座って作業をすることが多い僕は、様々な疲れの癒やし方で、ストレスなく作業を行えています。

今回は、僕自身が毎日行っているデスクワークの疲れの癒やし方についてお伝えしていきたいと思います。

この記事を読み終える頃には、疲れスッキリのストレスのない作業が行えるようになるはずです。

少しでも参考にして頂けると嬉しいです^^

 

どうして疲れを解消する必要があるの?

「疲れるのが当たり前だし、疲れてからが本当の勝負。」

熱い人や、真面目な人は、このような考えを持っている人も多いと思います。

確かに、4時間作業に取り組む場合、1時間休憩をする場合と、休憩をしない場合では、休憩をしない方が作業に取り組める時間は長くなります。

しかし、現実はどうでしょうか。

結果というのは、「量×質」で決まります。

たとえ量が4でも、質が1だったら、結果は4です。

逆に量が3でも、質が2だったら、結果は6です。

恐ろしいのが、質が0になる場合です。

質が0になると、本当に時間の無駄になってしまいます。

自分が何をやっているのかもわからず、ただボーッと時間が過ぎていく感覚。

僕も疲れを取らずに無理をしすぎていた時は、このように質が0になったときもありました。

質が0なら、どんなに量を頑張っても、結果は0です。

結果をきちんと出していくためにも、疲れを解消することは大切ですね。

座っての作業。どんな疲れがあるの?

座っての作業には、いったいどんな疲れがあるのでしょうか?

座っての作業をしていると、背伸びをしたくなることがあると思います。

このことから、身体の疲れを第一に挙げる人が多いのではないでしょうか。

しかし、身体の疲れが全てではないのです。

僕が毎回感じている疲れについて、いくつかに分けながら紹介していきたいと思います。

身体の疲れの解消法

1つ目は、身体の疲れです。

これは、多くの人が感じると思います。

座っていると、基本身体を動かすことがないです。

同じ体勢をキープして、作業に取り組むと思います。

そうすると、身体が凝り固まってしまいます。

背伸びをしたくなるのも、身体を伸ばして凝りを解消するためです。

また、ずっとパソコンや勉強をしている場合は、手が痛くなることもあると思います。

そのまま作業を続けて疲労骨折や大きな怪我になってしまうと、逆に頑張れなくなってしまいます。

今後のリスクを考える上でも、身体に異変が生じる前に、きちんと対応をしていきましょう。

目の疲れの解消法

2つ目は、目の疲れです。

パソコンでの作業や、文字を多く見ていると、目が疲れてきてしまいます。

なんだかショボショボしたり、痛みを感じたり。

僕は、ブログを書くにあたって、パソコンでの作業を多いのですが、やっぱり目の疲れを感じることがあります。

身体の疲れは、気合いでどうにかなる部分もあるのですが、目の疲れは難しいです。

疲れるだけではなく、視力の低下の危険性も考えられます。

「疲れは目から」という言葉があるように、他の疲れの予兆とも言えます。

目が疲れたら、他の疲れを引き起こさないためにも、休む必要がありますね。

心の疲れの解消法

3つ目は、心の疲れです。

どうして心の疲れを感じるのかというと、縛られるということはストレスになるからです。

人は、縛られることにストレスを感じる生き物です。

学生の頃、頭髪やファッションが縛られて、良い気持ちになった人はいないと思います。

同様に、ずっと座っている(縛られている)状態はストレスになってしまうのです。

僕も、座って作業をしている状態が続くと、なんだか心がムズムズというか、違和感というか、変に感じることがあります。

ストレスは特に痛みを生じるわけでもないので、軽く見られがちです。

しかし、ストレスが原因で、他の病が引き起こされたり、心の病気になってしまうこともあります。

安易に放置するのではなく、きちんと対応していく必要がありますね。

パターン別に解説!疲れの解消にはこれが最適。

疲れは、単に身体の疲れだけではなく、目の疲れ、心の疲れと、多岐にわたることが分かりました。

つまり、疲れのパターンごとに適した疲労回復を行っていく必要があるということです。

体調が悪いとき、頭痛薬、風邪薬、鼻炎薬と、病状に合わせた薬で体調を良くしていくと思います。

同じように、疲れも、パターンごとに適した対策が必要です。

身体の疲れ。目の疲れ。心の疲れ。

それぞれに適した疲労回復方法を、1つずつ丁寧に紹介していきたいと思います。

 

身体の疲れ

身体の疲れに対してということなので、身体に刺激を与えることで、解決をしていきます。

例えば、定番なのが背伸びやストレッチ。

一見シンプルではありますが、かなり即効性が高く、すぐに疲れを解消することが出来ます。

同じく身体を動かすという点では、散歩なんかも効果はあります。

僕も、疲れたときは散歩をするようにしています。

散歩と言っても、いつでも出来るわけではないと思うので、ランチタイムなどを利用して、ランチを買いに行くついでとして、散歩をするのです。

「身体を動かすと疲れる」

そんなイメージがあるなかで、身体を動かして逆に疲れを取るという考え方には驚くと思います。

実は、プロのスポーツ選手や、アスリートの方なんかは、疲れが溜まっている時だからこそ、軽く身体を動かして、疲れを取っているのです。

そう考えると、納得できる部分もあります。

身体の動かし過ぎは疲れを増加させる原因になるので、気をつけていきましょう。

目の疲れ

目の疲れは、身体の疲れと同じように、どんどん使うのが正解かというとそうではありません。

目の疲れを感じたときは、きちんと休める必要があります。

僕がいつも行っているのが、ホットアイマスクです。

レンジで暖めた暖かいホットアイマスクを、目に当ててゆっくりします。

気持ちよくて、少し寝てしまうこともあるくらいです。

簡単な方法なのですが、かなり目の疲れには効きます。

目がスッキリした状態で作業を再開でき、オススメです。

 

僕の周りを見ていると、目薬をやっている方も見られます。

確かに、目薬にも効果はあると思うのですが、持続性がないように感じます。

眠くなったときに、タブレットを食べても、あまり効果がないようなイメージです。

後は、個人的に目薬が嫌いなのでやっていません^^;

ポケットからすぐに出して出来るという点では優れものですが、合う合わないに分かれるので注意しましょう。

心の疲れ

心の疲れを解消するには、気分転換が1番です。

例えば、ちょっと休んでスマホでゲームをしてみるのもオススメです。

ゲームが好きではない方は、SNSを見るのも良いと思います。

僕がよくする気分転換は、何かを食べることです。

やっぱり、美味しいモノを食べると、すごく良い気持ちになります。

気分転換にもなり、空腹も満たせて、一石二鳥です。

ただし、食べ過ぎには注意してくださいね^^;

 

総じて言えることは、今の現状から一旦離れることです。

ずっと勉強やずっと作業をしていると、どうしても疲れてしまいます。

たまには息抜きとして、自分の好きなことをやってみるのもオススメです。

注意点は、休憩が長くなりすぎないことです。

ついついはまっちゃって。ついつい時間を忘れて。

そんな状況になると元も子もないです。

あくまで、作業をきちんと行うためのモノ。疲れを解消するためのモノ。

きりが良いところで切り替えて、やるべきことを忘れないようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

デスクワークでの疲れの種類と、その対処法についてお伝えしてきました。

それぞれの疲れに合わせて、適切な対処を行っていくことが大切ですね。

特に、気をつけて欲しいのが、心の疲れです。

自分ではなかなか気づかないモノでありながら、悪化すると1番厄介なモノでもあります。

嫌のことやキツイ作業を耐え抜くのも大切ですが、たまには休むことの方がもっと大切です。

自分の身体を第一に、勉強、作業を頑張っていきましょう。

僕は、このブログを書いて疲れたので、気分転換に散歩でもしてきますね(^_^)v

 

-ブログ

Copyright© オオカミニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.