ブログ

ADHDって何?僕がADHDの友達と関わってみて感じたこと。

更新日:

「ADHDって、どんなモノなんだろう」

おそらく、ADHDという言葉を聞いたことがある人や、身近に感じている人は、このような疑問を抱えているのではないでしょうか。

僕自身、ADHDについては、全然分かりませんでした。

しかし実際に、ADHDの人と身近に関わるようになって、ADHDについて、深く理解出来るようになりました。

今回は、ADHDについての知識や、実際に関わって感じるADHDの特徴について共有していきたいと思います。

この記事を読み終える頃には、ADHDについての理解が深まっているはずです。

少しでも参考にして頂けると嬉しいです^^

ADHDとは?実は身近にもいるって本当?

ADHDとは、多動性・衝動性・不注意の3つの要素がみられる発達障害の1つです。

多動性とは、机にじっと座ってられなかったり、落ち着きがないこと。

衝動性とは、何も考えずにまずは行動をしたり、順番を待つことが出来ないこと。

不注意とは、他の事柄に気が散ったり、集中が途切れやすいことです。

ADHDの人の割合は、全人口の約5%と言われています。

100人に5人。20人に1人の割合です。

思っていたより、多いと感じると思います。

学生の頃落ち着きがなかったクラスのあの子や、職場で集中力が途切れやすい同僚。

実は、ADHDだったのかもしれないのです。

 

ADHDの友達。どんな特徴があるの?

僕の友達に、ADHDの人がいます。

今まで、そういう人と関わったことのなかった僕は、最初は戸惑いました。

しかし、関わっていくうちに感じた特徴を把握することで、ADHDについての理解が深まりました。

では一体、ADHDにはどのような特徴があるのでしょうか。

1つずつ丁寧に紹介していきたいと思います。

物をなくしやすい

1つ目の特徴が、物をなくしやすいことです。

忘れ物やなくし物が多いということですね。

この特徴は、ADHDの友達を見ていると、すごく感じることがあります。

「あれ、スマホどこに置いたっけな。」
「財布わすれちゃった。」

そんなことは日常茶飯事です。

なので僕は一緒にいるときは、忘れ物がないかを一緒に確認するようにしています。

こういった1つの気遣いでも、忘れ物、なくし物の可能性がグッと減っているような感覚があるので、身近にADHDの人がいたら、ぜひやってみることをオススメします。

好き嫌いがハッキリしている

2つ目の特徴が、好き嫌いがハッキリしていることです。

嫌いのモノはとことん嫌いです。

外食に行ったときの野菜から、性格が合わない人まで。

ここで特に憎悪の念を抱くのではなく、極端に無関心になります。

確かに、嫌いという感情を持っているだけでも、そのモノとは「嫌い」という枠で関わりを感じると思います。

しかし無関心なら、いわば除外。眼中になし。

一切の関わりを持たずに済むという点で、嫌いの最上位だと思います。

逆に好きなモノに関しては、とことんのめり込みます。

「最近何やっているの?」とADHDの友達に聞くと、スマホゲームを見せられました。

ハマりにハマって、夜も熱中してやっていると聞きました。

すごく集中力を感じられるので、好きのモノを仕事に出来たら、化けるのではないかと個人的には思っています。

自分の気持ちに正直

3つ目の特徴は、自分の気持ちに正直なことです。

時には笑い、時には落ち込み、すごく喜怒哀楽がハッキリしています。

僕自身、喜怒哀楽の表現が苦手なので、このように自分を正直に表現出来るという面では、尊敬する部分があります。

一方で、自分の気持ちに正直であるがために、ストレートな発言も多いです。

好きな人には好きと言い、嫌いな人には嫌いと言う。

つい最近僕も、「最近太ったね」なんて言われましたよ(T_T)

確かに、最近太ってきていることに薄々気づいていたので、改めて人から言われることで、きちんと現実を認めることが出来、ダイエットを決心できたので感謝しています。

僕のように良い方向に向かうケースがある一方で、言われたことに腹を立てたり、逆ギレをしたりして、関係が悪化する場合もあります。

これは、発言を受け取る側の問題です。

自分のマイナスの部分をきちんと受け止められる人か、目を背けたい人か。

人それぞれだと思います。

僕自身は、すごく相性が良く、大好きですよ。

 

実際にADHDの人と関わってみて

実際にADHDの人と関わってみて感じることは、特にありません。

普通の人だし、普通の友達です。

世間では、ADHDを初めとする、様々な障害に対して、白い目で見たり、偏見を持つ人が多いと感じています。

蛙を見た目だけで判断して食べない(唐揚げなんかにすると、実はすごく美味しいので、機会があれば食べてみて下さい。)のと同じように、食わず嫌いの状態なのではないでしょうか。

初めて自転車に乗るのが怖いように、何事も最初は怖いです。

でも、自転車に乗るのは案外怖くないし、乗れるようになったら楽しいように、やってみたら何事もどうってことないものです。

偏見を感じている人は、一度その偏見を外して、普通に関わってみましょう。

一生の友達や仲間、最愛のパートナーになるかもしれませんよ(^_^)v

まとめ

いかがだったでしょうか。

ADHDの友達と実際に関わってみた僕が感じた、ADHDの特徴を共有してきました。

身近にいるあの人にも、当てはまる部分があったのではないでしょうか。

ADHDが良い悪いというモノではなく、ただの個性だと僕は思っています。

自分は自分。人は人。ただそれだけです。

関わるも関わらないも、偏見を持つも持たないも、僕は自由だと思っています。

自由だからこそ、人それぞれの生き方も個性も自由です。

自分が自由に生きたいのなら、相手の自由を壊すのはナンセンスですよ^^

 

-ブログ

Copyright© オオカミニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.