ニュース

シカゴで妊婦殺害。犯人の顔画像を公開!胎児を引きづり下した殺人鬼

更新日:

米シカゴの住宅で5月15日、10代の妊婦が遺体で発見された。

胎児は、母親の体から引き出された状態であった。

光景を想像しただけでもおぞましい、この事件。

一体、何があったのか。

ここで説明していく。

犯人の顔画像は?米シカゴの3人の殺人鬼

 

参照:AFP

 

妊娠中の19歳女性を殺害したとして逮捕された殺人鬼3人である。

警察は、クラリサ・フィゲロア(左)容疑者(46)、娘のデジリー・フィゲロサ(中)容疑者(24)を第1級の殺人の容疑で逮捕した。

さらに、クラリサ容疑者の交際相手、ピオトル・ボバック(右)容疑者も殺人事件の隠蔽容疑で逮捕。

 

親子、交際相手が協力して犯行に及んだということだ。

知人同士で犯行に及ぶ事件はよく聞くが、親子が協力するパターンは珍しいだろう。

自分に置き換えてみよう。

親と、子供と、恋人と、一緒に犯行だなんて。

考えきれない。

妊婦殺害。胎児が腹から引きづり出された。

米シカゴ警察の発表によると、妊娠9か月だったマルレン・オチョアロペスさんは、ベビー用品を無償で提供すると知人宅に誘い出され、絞殺された。

驚くべきことは、絞殺された後に、胎児が犯人によって摘出されたことだ。

恐ろしい事件だ。

 

被害者のオチョアペロスさんは、行方不明になった日にFacebook上でクラリサ容疑者と連絡を取っていたとみられている。

オチョアペロスさんの行方を捜していた警察官が、このやり取りを発見し、14日クラリサ容疑者宅を捜索。

ゴミ箱に隠されていた遺体を発見したとされる。

 

以前から、顔見知りだったオチョアペロスさんとクラリサ容疑者。

ベビー用品を引き取るために、被害者は容疑者宅に訪れ、そこで殺害されと考えられている。

 

赤ちゃんの容態は?重体で入院中

クラリサ容疑者は、オチョアペロスさんから取り出した胎児を、自分の赤ちゃんだと主張。

「自分の赤ちゃんが息をしていない」と緊急通報番号に電話をかけたのだ。

 

DNA検査によって、オチョアペロスさんの子と確認された模様。

赤ちゃんは、幸い一命は取り留めたものの、現在重体で入院中である。

詳しい容態については、警察は黙秘をしている。

ネットの反応。怒りの声。「犯人は人間ではない。」

 

・容疑者は人ではない。外見は日地に見えるが、けだものだ。

・酷い、、、、。映画のワンシーンみたい。

・光景を想像しただけでもおぞましい。

・シリアルキラーにならないことを願うばかり。早期解決を望む。。。

・30年前に日本でも似た事件があったね。胎児は無事で、腹の中に電話機入れられたっての。未解決時間でたまにでてくるよな。

引用:yahooニュースに対するコメント

 

上記のように、批判の声が相次いでいる。

誰しもが、同じようなことを思うだろう。

 

本当に、犯人は人間じゃない。

殺人鬼だ・・・。

 

こんな事件。2度と起きてほしくない。

なぜ、こういった事件が起きてしまうのか。

こういった現状が起こっている現実を受け止め、深く考えてみよう。

 

とにかく今は、赤ちゃんの回復を祈るばかりだ。

-ニュース

Copyright© オオカミニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.