ニュース

三毛別羆事件とは?ヒグマに襲われ死者7名「怪獣がやってきたぞ」

投稿日:

1915年(大正4年)12月9日、三毛別羆事件が始りました。

この事件は、国内最大級の獣害事件です。

ヒグマが人を次々に食べていく。

漫画みたいな話が、起きてしまったのです。

死者7名、重体3名と、多くの被害を出しました。

当時の状況を、グロテスクさを抑えながら(少しは出ちゃうかも)お伝えします。

 

Huluプレミア

 

三毛別羆事件の始まり。巨大ヒグマ。冬眠との関係性。

なぜ、この事件は起きてしまったのでしょうか。

 

事件が起きた場所は、北海道苫前郡苫前村(現・苫前町古丹別)です。

当時はまだ、行政機関・警察がきちんと機能していない簡素な住宅地でした。

事件を大きくしたのも、こういった要因も考えられています。

 

事件発生の12月より、少し前の11月頃。

巨大なヒグマの目撃情報がちらほら聞こえてきました。

あまりにも巨大なため、「巨大すぎて冬眠場所が見つかっていない」と推測されていました。

 

クマは、一般的には冬眠します。

その理由は、冬は食料がなかなか取れず、食に困るからです。

なので、冬の前に冬眠する場所に食料を貯めこみ、冬を耐えしのぐというわけです。

冬眠場所が見つかっていないということは、冬眠が出来ないことです。

食料に困っている状態で、冬を耐えしのぐということです。

 

そして事件は始まりました。

つまり、冬眠が出来ないこのヒグマは、冬の食料に飢えていました。

12月9日、この巨大ヒグマが家を襲い始めたのです。

 

Huluプレミア

恐怖の6日間。伝説の猟師は討伐成功となるのか。

 

12月9日

旦那さんが留守にしていたとある家で、偶然その家に預けられていた少年が犠牲に。

追い払おうとした奥さんも被害に遭う。

 

12月10日

30人ほどの男性がヒグマの討伐に向かった。

しかし鉄砲が上手く使えずに討伐失敗。

この日、先日の犠牲者の通夜が営まれた。

この通夜後に、あのヒグマがやってきたのだ。

そのときは、皆逃げて助かった。

しかし、そのヒグマは別の家を襲った。

ここでは、子供3名、妊婦1人と胎児1人が死亡、3人の重傷者が出た。

ここまでで死者7名、重傷者3名である。

 

12月11日

住民の避難。警察・行政を頼ることに。

 

12月12日

警察が主体の討伐隊が始動。

被害に遭った遺体を餌に、ヒグマをおびき寄せた。

しかし勘のいいヒグマは襲いに来なかった。

 

12月13日

陸軍からも応援が到着。

昼間からも、食料を漁りに村にやってくる。

討伐を試みるも失敗に終わる。

 

12月14日

かつて包丁1本でヒグマを仕留めた伝説の猟師が到着。

装備していたライフルで、ヒグマの心臓と頭を撃ち抜いた。

Twitterで話題に!熊の射殺。三毛別羆事件の皆の反応は?

熊を射殺する事に対しての賛否がTwitterでトレンドに。

この三毛別羆事件を知っても、同じことが言えるだろうか。

https://twitter.com/KOBATO06751070/status/1129266328341082112?s=20

 

Huluプレミア

https://twitter.com/happy_magic/status/1129268942386524160?s=20

https://twitter.com/stormbleaker/status/1129281067498631168?s=20

 

Huluプレミア

-ニュース

Copyright© オオカミニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.