スポーツ

右手有鈎骨の骨折の清宮幸太郎 日本ハムで完全復活となるか?

投稿日:

日本ハムの清宮幸太郎内野手(19)。

18日、イースタン、DeNA戦(大和スタジアム)に「3番・指名打者」でフル出場。

 

清宮の打撃に、球場がざわめいた。

大きく弧を描く軌道。長く長く伸びる打球。

一体、何があったのか。

 

完全復活なるか。清宮幸太郎。

試合の詳細、清宮の現状について述べていく。

清宮幸太郎ってどんな選手?

出典:ウィキペディア

清宮幸太郎は、一体どんな選手なのか。

以下、清宮のプロフィールだ。

 

名前::清宮幸太郎(きよみや こうたろう)

出身:東京都

生年月日:1999年5月25日

年齢:19歳(2019/05/18 現在)

身長:184㎝

体重:102㎏

職業:プロ野球選手

所属:北海道日本ハムファイターズ

投球・打席:右投左打

ポジション:一塁手、左翼手

 

若干19歳にして、現役プロ野球選手である、若きホープだ。

右手有鈎骨ってどこ?清宮は怪我の現状は?

清宮は、3月3日のDeNAとのオープン戦で、右手有鈎骨を骨折してしまった。

3月5日に手術を終え、全治3が月程度の見通しと報じられていた。

 

出典:スポーツ報知

 

上記の画像が、右手有鈎骨である。

野球は、「投げる・打つ」スポーツだ。

ここを怪我してしまっては、プレーに影響がでるのも仕方がない。

果たして、完治出来ているのか。

今日(2019/05/18)の試合の様子を見ていこう。

清宮がマルチ安打 ホームラン級の大ファウルも!

18日、イースタン、DeNA戦(大和スタジアム)。

「3番・指名打者」として清宮がフル出場した。

 

功績は残せたのか?

 

結果は、4打数2安打1四球であった。

 

今回の試合、会場でざわめきがおきた。

 

5回の3打席目、清宮はフルスイング。

打球は高々とライト方向に上がった。

 

観衆の目は、打球に釘付け。

 

残念なことに、ファウルで終わってしまったが、観客からは称賛の拍手が。

清宮自身も、「良かったです」と振り返った。

完全復活なるか?清宮の特大ホームランは近い。

今回の試合は復帰後、5試合目であった。

 

今回の結果が、4打数2安打1四球

実践復帰後の5試合で、15打数5安打2打点となっている。

打率は3割といったところだ。

 

3割はすごいことなのか。

 

歴代の選手を見てみよう。

 

・世界の王ホームラン王 王貞治

終身打率は、9250打数2786安打。打率は3.0119。

 

あの王貞治が、この打率である。

 

つまり、清宮は、徐々に復活してきていると言える。

 

清宮の、復帰後のホームランはまだである。

今回の試合で、ホームラン級のファウルを見せた。

復活は近いだろう。

-スポーツ

Copyright© オオカミニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.