スポーツ

上原浩二が引退会見で発表。引退の理由や今後の活動が明らかに!

投稿日:

プロ野球 巨人の球界最年長ピッチャー。

上原浩二が、プロ野球、現役引退を発表した。

 

引退理由って何なの?

そもそも、上原浩二って誰?

今後の活動はどうする?

 

疑問を解決していく。

上原浩二、現役引退を発表!本人もTwitterで報告!

▲上原浩二投手、本人のツイート

 

巨人・上原浩二投手が20日、自身のTwitterを更新。

引退の発表をした。

 

「今日で引退となります。長い間、応援ありがとうございました」

とメッセージを続け、

「まだ心の中、頭の中がごちゃごちゃしていますので、とりあえずご報告まで…」

と心境をつづった。

 

突然の発表に、世間は驚いた。

引退の理由、今後の活動に関心が寄せられている。

上原浩二の引退理由は?「気持ちと体が一致しない…」

現役引退を発表した上原浩二投手。

20日午後、都内ホテルで、引退会見を行った。

 

上原浩二投手の言葉

「今年でやめることは最初から決めていた。

3が月が勝負と僕の中では決めていた。

1度も1軍に上がることなく、2郡で抑えていない葛藤もありました。

8月9日になると、首位争いとかなっている中で会見をするのは違うと思ったので、それなら早く終わりたい、そういう思いで」

 

つまり、自分の理想としているプレーを、頭では考えられても、体で表すのが困難になってしまったということだ。

「気持ちと体が一致しない」ということだ。

 

「もうちょっとやりたかった」と涙を浮かべる場面も。

イチローを始め、プロ野球選手の引退が目立つ。

理由はどうであれ、世間が望むこと。

 

それは、

「おつかれ。幸せになって」

上原浩二って誰?メジャーで活躍、日本のスター選手!

出典:ウィキペディア

名前:上原浩二(うえはら こうじ)

生年月日:1975年4月3日

年齢:44歳(2019/05/20 現在)

身長:187㎝

体重:87㎏

ポジション:投手

投球・打席:右投右打

プロ入り:1998年 ドラフト1位

 

大阪体育大学からドラフト1位で巨人に入団。

その後、巨人のエースとして、10年間で112勝を達成。

日本代表としてアテネ、北京のオリンピックに出場。

第1回のWBC日本代表にも選ばれ、日本を世界一に導いた。

 

2009年からは、メジャーリーグに移籍。

4球団で活躍した。

レッドソックス時代には、ワールドシリーズ制覇に貢献。

 

そして昨シーズン、10年ぶりに巨人に復帰。

去年の7月には日米通算「100勝100セーブ100ホールド」を始めて達成。

 

シーズン終了後に、左ひざを手術した。

今シーズンは、1軍の復活を目指していた。

雑草魂!八冠!37人連続アウト!上原浩二の伝説

上原浩二投手。

数々の戦いを経て、成績を残してきた。

4つの伝説的なエピソードを紹介する。

 

<雑草魂>

上原選手の座右の銘でもある「雑草魂」

高校では控え投手、甲子園出場経験もない。

光の当たらない雑草。

花は咲かない雑草。

だからこそ、強い反骨心で、戦い続けていた。

 

<八冠達成(新人賞、沢村賞)>

1999年。松坂大輔投手と同期で世間の注目を浴びていた。

上原投手は、1年目から20勝4敗の好成績を残す。

そこでの伝説級の成績がこちら。

 ①最優秀防衛率(2.09) ②最多勝利(20勝) ③最多奪三振(179)

④最高勝率(.833) ⑤ベストナイン ⑥ゴールデンクラブ

⑦沢村賞 ⑧最優秀新人

 

<37人連続アウト>

レッドソックス時代。

期待に応える大活躍を行う上原投手。

2014/08/17のヤンキース戦から2014/09/17のオリオールズ戦の間。

37人連続、アウトで抑えた。

 

<投球フォーム>

上原の素晴らしい投球の秘訣は、投球フォームにあると言われている。

変化球と140㎏台のストレートでメジャーの強打者を押さえ続ける投球。

ボールの出所が見づらく、腕の振りも同じに見える、最強のフォームだ。

 

▼読売シャイアンツ 上原浩二 投球フォーム(スローモーション)

出典:youtube

上原投手引退後の今後の活動は?

上原投手の今後の活動については、まだ発表されていません。

上原投手自身、今はまだ考えられていない状態と話されていた。

個人的な見解では、これだけ野球を愛して、野球に愛されて男。

コーチや育成などの面から、野球業界には関わっていくのでは?と思う。

-スポーツ

Copyright© オオカミニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.