スポーツ

追加副審の導入へ!山本雄大主審・川崎秋仁副審の処分。浦和ー湘南戦

投稿日:

17日に行われたJ1リーグの浦和ー湘南戦(埼玉スタジアム)

湘南のゴールが審判に認められなかった問題。

日本サッカー協会は20日、東京都内で臨時審判委員会を行った。

 

誤審はどうして起きた?

山本雄大主審ってどんな人?

山本雄大主審、川崎章人副審の処分はどうなる?

 

疑問に答えていく。

山本雄大主審。サッカー国体選手?プロフイールを紹介!

出典:山本雄大

 

名前:山本雄大(やまもとゆうだい)

出身:京都府

職業:サッカー審判員

 

〈経歴〉

京都府立城陽高等学校時代、国体に出場。

高校卒業後に入隊した自衛隊を離脱し、2007年にJFAレフェリーカレッジに入学。

2009年には、J2主審として登録され、2010年にJ1主審に昇格した。

2011年には、国際連盟の国際主審として登録。

第92回全国高等学校サッカー選手権大会決勝では主審を務めた。

2015年より、プロフェッショナルレフェリーに登録した。

 

誤審の状況。湘南MF松岡大暉の放ったシュートは!?

 

2019年5月17日に行われたJ1「浦和ー湘南線」(埼玉スタジアム)

 

前半31分、事件は起こった。

湘南MF杉岡大暉の放ったミドルシュート。

ゴールバーに当たり、ネットを揺らした。

そのネットが揺れた反動で、ボールがゴールから出た。

 

それを見た、山本主審の判定は、ノーゴール。

プレー続行を促した。

選手は困惑。会場は唖然。

試合は一時中断し、抗議が行われた。

 

▼問題の動画:【公式】ハイライト:浦和レッズvs湘南ベルマーレ

出典:youtube

 

問題の詳細。小川佳実JFA審判委員長が言及!

 

小川佳実審判委員長は、

「この件に関して重く受け止めている。

審判員も『残念極まりない。申し訳ない』という気持ちでいっぱい」と述べた。

 

また、

「主審はボールが左ネットに飛んだ際は選手と重なり、見えていなかった。

副審もボールの軌跡を十分に確認出来ていなかった。

ボールが跳ね返ってきたので、経験上『ポストからだろう』と判断してしまった」

と説明した。

 

こういった件に対して、今後対応していくために、

「両ゴール付近に1人ずつ追加副審を配慮する」

ことが話されており、8月からの導入が検討競れている。

 

山本雄大主審と川崎秋人副審の処分は?

日本サッカー協会の審判委員会は20日。

東京都内で臨時審査会を開いた。

山本雄大主審と川崎秋人副審について、処分を下した。

 

山本主審、川崎副審、両方に対して、

日本協会管轄公式戦の2週間(18日)の割り当て停止の措置を下した。

 

どんな試合にせよ、チームやファンにとっては大事な一戦。

今後の審判の質の向上が必要だ。

-スポーツ

Copyright© オオカミニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.