ニュース

瀬戸山怜志の飲酒運転で石原禄朗の死亡!豊田市転落事故の真相!

投稿日:

5月19日、愛知県豊田市九久町で起きた事故。

石原禄朗さんが乗用車から落下し死亡しました。

運転手の会社員、瀬戸山怜志容疑者は逮捕。

飲酒運転の疑いもあったそうです。

 

・石原禄労さんが死亡した事故の概要

・瀬戸山怜志の顔画像、SNS(facebookやインスタは?)

・石原禄朗と瀬戸山怜志の関係性

ネットの疑問についてまとめてみました。

 

瀬戸山礼志が逮捕 愛知県豊田市 石原禄朗が死亡事故

愛知県警豊田署は20日、運転していたRVを道路の防護壁に衝突させ、車体側面にしがみついていた友人の男性を死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)などの疑いで、同県豊田市、会社員瀬戸山怜志容疑者(23)を逮捕した。「悪ふざけで外に乗せたまま運転し、事故を起こした」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は19日午後11時25分ごろ、豊田市の国道301号で酒気を帯びた状態で運転。スピードを出しすぎてカーブを曲がりきれず、道路左側の電柱や防護壁に衝突、助手席側の車体側面に乗っていた会社員石原禄朗さん(22)=同市=を転落させ、多発外傷で死亡させた疑い。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00000160-kyodonews-sociより

愛知県豊田市九久平町の国道。

19日午後11時半過ぎ、乗用車が電柱などに衝突。

豊田市の会社員・石原禄朗さんが死亡しました。

 

この事件で、運転手に過失があったとして、会社員の瀬戸山怜志が逮捕。

 

この事件の原因は、悪ふざけだと言われています。

亡くなった石原禄朗さんは、事件前、乗用車のサイドステップに足をかけ、ルーフに捕まっていました。

このように、ふざけた行動を取っていました。

そして、車が壁や電車に衝突し、車から転落し、死亡したのです。

 

愛知県豊田市九久平町ってどこ?事故の現場は?

事故現場と言われている、愛知県豊田市九久平町がこちらです。

特に変わった様子はない地形です。

では、事故原因は何なのでしょうか?

 

飲酒運転が事故の原因?蛇行運転の悪ふざけも。

今回の事故は、一見、石原禄労に原因があるように見えます。

車のサイドステップに足を掛け、ルーフに捕まり・・・

どう考えても、危ない状況です。

 

しかし、この情報を追加してみるとどうでしょうか?

瀬戸山怜志、飲酒運転をしていた!

 

報道によれば、瀬戸山怜志は当時、ビールジョッキを3~4杯飲んでいたとのこと。

加えて、運転はふざけながらやっていたということ。

 

飲酒運転はもちろん犯罪です。

更に、ふざけながらの蛇行運転をしていたとなると、過失が大きくなるでしょう。

 

瀬戸山怜志の顔画像!facebook・Twitter・インスタ!

出典:瀬戸山怜志のTwitter

 

名前:瀬戸山怜志(せとやまれいし)

年齢:23歳(2019年5月 現在)

住所:愛知県豊田市足助町

職業:会社員

逮捕容疑:自動車運転処罰法違反

 

SNSが特定され、顔画像が明らかになりました。

便利な世界の一方で、怖い世界でもあります。

だんだんと個人情報の壁が無くなっていく。

SNSの取り扱いには注意しましょう!

 

石原禄労さんの経歴は?瀬戸山怜志とはどういう関係?

 

名前:石原禄労(いしはらろくろう)

年齢:22歳

住所:愛知県豊田市高上

学歴:松平高校卒

職業:会社員

 

瀬戸山容疑者と石原禄労さんは、友人同士だったそうです。

石原さんの奇妙な行動を考えてみると、瀬戸山容疑者と一緒に、石原禄朗さんも酒を飲んでいたということも考えられます。

友人同士が、容疑者、被害者の関係になるのは辛いモノですね。

 

 

-ニュース

Copyright© オオカミニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.