トレンド

雨乞いが解決⁉最新技術。雲を人工的に作るマシンがネットで話題に!

投稿日:

5月20日、1つのツイートが話題になりました。

その名も、「人工的に雲をつくるマシン」

水素と酸素を融合させて人国的に雲を作れるそうです!

 

本当にそんなことが出来るのか?

その雲は雨を降らせるのか?

農家の人は雨乞いせずに済むのか?

 

疑問を解決していきます。

 

人工的に雲を作る時代到来⁉水素と酸素の融合!Twitterで話題に?

引用:Twitter

 

先日ツイートされた、この動画。

「セキ  ヤスヒサ(@Campaign_Otaku)」さんが投稿。

 

2019/05/21 (19:00現在)

5400RT、12000いいねと、絶賛バズり中!

今後も伸びが期待されます。

 

今までは自然のモノだと思われていた雲。

それを、人工的に作ることが出来るということ。

 

はたして、本当にそんなことが可能なのでしょうか。

 

動画を見てみると、衝撃の光景が!

大迫力の雲に、驚いた人も多数見られました。

 

マラソン大会が無くなる?人類の進化?ネットの反応は?

この動画を見た、ネットの反応がこちら▼

 

学校のマラソン大会が無くなる(^^)/

 

 

人類は天候を創造する領域に達したか…

 

余りの爆音に、雨乞いじゃなく命乞い(笑)

 

 

 

人類、ハンパねぇーーー!

 

 

 

本当に雲なの?雨を降らすことは出来るの?

 

驚きの声が多数見られました。

 

一方、疑問の声も。

 

そもそも、これは雲と言えるのか?

雨を降らすことは出来るのか?

 

疑問を解決していきます。

 

酸素と水素の化合物?そもそも曇って何?答えは…

いつも空に浮かび、日常の一部である雲。

時には人を癒やし、時には雨を降らし。

 

そんな雲。一体、何なのだろうか?

 

気になるのが、雲は何から出来ているかということ。

 

酸素が~

水素が~

って言うのもわかりにくいので。

 

雲は、簡単に言うと、水滴の塊。

 

文字通りで、「水滴が集まって固まっているもの」

だと思ってもらってと大丈夫です!

 

雨が降る仕組みは?水の循環が繰り返される。川や海との共存。

雨が降る仕組みがこちら▼

出典:雨がふるしくみ

 

①太陽の熱が、海や川を暖めます。

②海や川、地面などの水分が、水蒸気になります。

③空にたまった水蒸気が、雲なり溜まって、雨を降らします。

④雨は、川や海に降り注いで、再び海や川になります。

①~④を繰り返し、「水の循環」を作るのです!

 

つまり、雨が降るのは、自然の流れの一部ということ。

水滴の塊である雲から、雨は降るということなのです。

 

人工雲は、雨を降らすことが出来るのか?新時代の幕開けが…

調べてみたところ、

 

なんと、人工雲は、

 

条件が合えば雨を降らすことが出来る!

 

とのこと。

 

条件が合えばということで、

周りの環境に左右されるということです。

 

しかしながら、人工的に雨を降らすことが出来るのは、

すごく夢のある話ですよね。

 

「一方で、雨を降らすコストは?」との声も。

 

人工雲を作るのと、ヘリで空から水をばら撒く方法。

コスト、効果を踏まえたうえで、どちらが優れているかということ。

 

今後の技術の発展では、人工雨が当たり前になる時代も⁉

 

今後の技術の発展に期待します。

-トレンド

Copyright© オオカミニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.