ニュース

電気料金の節約、省エネになるか?スマートメーターは火災を発生!

投稿日:

家庭などに設置している次世代電力計、

「スマートメーター」で火災が起きた問題。

22日、東京電力パワーグリッドは、

メーターと電線をつなぐ部分のねじの、

締め付け不足が原因だったと発表した。

 

スマートメーターとは何なのか。

火災はどのようにして起きたのか。

 

疑問をまとめていく。

 

スマートメーターで省エネ、節約。ニーズに対応。

出典:東京電力エナジーパートナー

 

スマートメーターとは、毎月の検診業務の自動化や、

電気使用状況の見える化を可能にする電力計。

 

スマートメーターの導入により、電気メニューの多様化や、

社会全体の省エネ化への寄与、

電力供給における将来的な設備投資の抑制が期待されている。

 

スマートメーターのでんき家計簿。見える化へ。

出典:東京電力エナジーパートナー

 

従来は、月1回の検針により、1か月間の使用量を計測。

スマートメーターでは、日々30分ごとに電気の使用を計測。

 

30分ごとの使用量のデータを「でんき家計簿」で見える化することで、

ニーズに合わせた多様な料金プランを用意することが可能になる。

 

また、自動で検診が可能になるため、

検針に住民の立ち合いがいらず、生活の邪魔にならない。

 

2020年度までに2900万台の設置か⁉

 

2020年度までに、サービスエリア全てのお客様に、

約2900万台のスマートメーターを設置する予定。

 

30分ごとの電力使用量の計測といった、

世界的なチャレンジを行う。

 

上手くいけば、電力業界、私たちの家庭に良い影響が⁉

しかし、なかなか上手くはいかない。

 

火災発生。原因は、ねじの締め付け不足か。

東電によると、施工不良による焼損、火災は、

1都5県で、計9件確認された。

 

うち、1都4県の計6件は、消防から火災と認定された。

 

東電の設置済みの約2100万個のうち、約9100個を調べたところ、

新たな焼損は確認されなかった。

 

原因は、メーターと電線をつなぐ部分のねじの締め付け不足。

 

施工不良に関わった作業員が、

約5万4000個の締め付け直しを、年内に行うそうだ。

 

早急の対応が期待される。

-ニュース

Copyright© オオカミニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.