ニュース

井上勇を再逮捕へ 顔画像公開! ATMから18億円引き出し容疑

投稿日:

17都道府県のATMから18億円超が不正に引き出された事件。

主犯格である井上勇容疑者が再逮捕へ。

 

犯人の顔画像は?

一体、どんな事件だったの?

 

疑問を解決していく。

消えた18億円 ATM不正引き出し事件の全貌は?

事件は、2016年5月15日の早朝に発生。

 

全国のコンビニなどに設置された約1700台のATMから、

たった数時間のうちに18億円超が不正に引き出された。

 

南アフリカ・スタンダード銀行のシステムがサイバー攻撃を受け、

クレジットカードの顧客情報が流出。

 

犯行グループは流出したカードの情報を入手し、

偽造カードを大量に作ったということだ。

 

その大量の偽造カードを使い、全国の約1700台のATMから、

約18億円超を数時間のうちに盗み出した。

 

そんなことが可能なのか?

どうやって一斉に引き出したのか?

 

主犯格が巧みに操る。一斉に引き出した完璧な仕組み。

出典:産経新聞

 

ここで疑問に思うのが、

どうやって一斉に現金を引き出したのか?ということ。

 

全国の約1700台のATMですから、それなりに人も必要。

情報も拡散する必要がある。

 

今回の事件、裏社会が関わっている。

 

ある暴力団関係者は取材に対して、

「事件発生前の2016年4月下旬から5月上旬にかけ、無料通信アプリ『LINE(ライン)』などを通じ、複数の暴力団員らに犯行への参加を呼び掛けるメッセージが届いていた」と証言した。

 

この関係者によると、犯罪を実行する「出し子」、メンバーをまとめる「指示役」など、グループが作られ、それぞれ多数のグループが一斉に動いたという。

 

出し子に暗証番号と偽造のクレジットカードが配布。

指示役には出し子の教育の仕方がレクチャーされたという。

 

つまり、マニュアル化された手法だったということだ。

 

報酬の配分は?報酬が支払われないことも?

多くの人が犯行に及んだこの事件。

手に入れたお金をどう配分するかが気になるところだ。

 

実際にATMからお金を引き出した暴力団員の「出し子」は、

引き出し額の10%程度を受け取っていたそう。

つまり、10万円引き出して1万円の報酬ということである。

 

しかし、暴力団員ではない出し子などは、10%を下回っていたという。

また、報酬が支払われなかったり、数万円しか受け取れない人も。

 

犯行を行った者たちへの報酬は、かなり低めだと感じる。

 

つまり、幹部や主犯格など、犯行を計画し指示した者たちは、

かなりの額の報酬を手に入れたと考えられる。

 

体を使うのではなく、頭を使ってだ。

 

いつの時代も、どんな社会も、

体ではなく、頭を使うモノが、強い立場になるのだろうか。

 

井上勇容疑者の顔画像!主犯格の男を再逮捕へ

出典:朝日新聞

 

 

名前:井上勇

年齢:41

職業:無職

住所:不定

 

窃盗容疑などで福岡県警に逮捕された井上容疑者。

千葉県警は、ATMから不正に現金を引き出した窃盗の疑いで、

再逮捕する方針を固めた。

 

福岡県警は、21日、身柄を千葉県警に移送した。

 

捜査関係者によると、井上井容疑者は、

千葉県内のコンビニや駅など3か所のATMから、

偽造カードで約290万円を不正に引き出した疑いがある。

 

事件をめぐって、これまでに、約250人が逮捕された。

全国の「引き出し役」や「指示役」が捕まっているということだ。

 

井上容疑者は、この事件の主犯格として、

事件の企画や引き出し役への教育などを行っていたとみられる。

 

井上勇の潜伏先は?どうやって逮捕されたの?

 

これまで逮捕されてきた共犯者の捜査から、井上容疑者の関与が浮上。

千葉、福岡の両県警が捜査をしていた。

 

昨夏から秋までは東京都内にいたとされるが、その後の足取りはつかめず。

 

今年1月には、全国に向けて、顔写真を公開した。

 

捜査を進めていくうちに、横浜市内のマンションに潜伏していることが判明。

福岡県警が、2月に窃盗容疑で逮捕していたというわけである。

 

5月21日には、身柄を千葉県警に移送した。

再逮捕する方針を固めている。

 

どんな判決が下されるのか。

事件にはまだ黒幕がいるのか。

 

井上容疑者が再逮捕される方針。

真相が明らかになる日も近いだろう。

-ニュース

Copyright© オオカミニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.