ニュース

兵庫区大開通の集合住宅 中1飛び降りか 自殺の可能性?場所は? 

投稿日:

22日午後7時の、集合住宅の敷地内。

家族の団らんも、あちらこちらであっただろう。

 

そんな中、

近くに住む中学1年の男子生徒が、

地面に倒れているのが発見された。

 

救急隊員が駆けつけたが、

間もなく死亡が確認された。

 

事件の場所は?

どんな状況?

男子生徒の家族は?

 

疑問を解決していく。

 

中学1年生の男子生徒が自殺か。事件の詳細は?

 

22日午後7時40分ごろ、

神戸市兵庫区大開通の集合住宅の敷地内で、

近くに住む中学1年生の男子生徒(12)が倒れていた。

 

まだ幼い子供。

これからの明るい未来が無くなってしまった。

 

この男子生徒を、母親(40)が発見した。

 

救急隊員が駆けつけた。

しかし、時は既に遅し。

間もなく死亡が確認された。

 

現場の状況から、

飛び降り自殺を図った可能性が高いとみている。

 

兵庫県神戸市兵庫区大開通。事件が起きた場所は?

事件が起きた場所は、

兵庫県神戸市兵庫区大開通。

 

特に変わった地域では無く、

いたって普通の場所だ。

 

事件が起きた集合住宅は公開されていない。

 

詳細が分かり次第、更新していく。

生徒は自殺か。家族構成、当時の状況は?警察の検証。

警察によると、

無くなった生徒は、

両親と姉2人の5人暮らし。

 

当時は、自宅に1人だったとみられる。

 

ベランダから歩いて行ける5階部分の屋根を、

歩いたような痕跡がみられた。

 

生徒は私服姿。

靴は履いていなかったとみられる。

 

家族は、

「特に変わった様子はなかった」と話している。

 

遺書は見つかっていない。

 

警察は、

自殺の可能性があると調査を進めている。

 

事件の考察。自殺の可能性を徹底調査!

事件の様子。

現場の状況。

警察の情報。

 

以上から、事件を考察してみる。

 

※ここからは、あくまで個人の見解だ。

 

おそらく、男子生徒は、自殺の可能性が高いと考える。

 

理由は、

1.靴を履いていなかった。

2.中学1年生のGW明けの時期。

ということだ。

 

1つずつ紹介していく。

靴を履いていなかった男子生徒。屋根を歩くのに?

1つ目の理由は、

靴を履いていなかったこと。

 

5階部分の屋根に足跡があったと情報があった。

本当に、男子生徒が屋根を歩いたとすると、

靴を履いていない状況はおかしい。

 

単純に、屋根を歩くと、足が汚れる。

普通なら、足が汚れることを避ける人が多い。

 

しかし、靴を履いていなかった。

 

つまり、「足が汚れても良い」

と考えていた可能性があるということ。

 

足が汚れてもいい。

それは、「どうせ死ぬから」とも考えられる。

 

中学1年生のGW明け。学校に馴染めなかった?いじめか?

2つ目の理由は、

中学1年生、GW明けだったということ。

 

事件は5月中旬。GWである。

 

この時期は、実は、自殺が多い。

 

駅での人身事故の報道もよく聞くだろう。

 

また、中学1年生ということ。

つまり、小学校から中学校に上がったばっかり。

 

環境がいきなり変わっている時期だ。

 

学校になじめなかった。

学校でのいじめ。

そういったことも考えられる。

 

-ニュース

Copyright© オオカミニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.