ニュース

駐在所に手りゅう弾?仙台青葉区桜ケ丘で手榴弾届く。避難場所は?

投稿日:

仙台市桜ケ丘。

平然とした街並み。

駐在所に手りゅう弾が届けられた。

 

町は騒然。

子供たちは学校に待機か。

 

一体、何があったの?

 

疑問を解決していく。

 

駐在所に手りゅう弾。手榴弾が駐在所に。父親の遺品か。

23日午前、仙台市の駐在所。

住民の男性から、手りゅう弾のようなものが届けられた。

「父親の遺品」との届けた男性は言う。

 

仙台市青葉区の仙台北警察署桜ケ丘駐在所。

市内に住む60代の男性が一言。

 

「父の遺品を整理していたら見つかった。」

 

そう言って、手りゅう弾のようなものを2個届けた。

 

現場は騒然。

住民の避難が急がれる。

 

仙台北警察署桜ヶ丘駐在所。事件の場所は?

▼仙台北警察署桜ケ丘駐在所

現場は、JR仙山線北山駅から北に約2キロ。

 

一戸建てが立ち並ぶ住宅街。

ごく一般的な地域だ。

 

近くには学校がある。

たくさんの家がある。

 

仮に爆発をしてしまったら?

 

爆破は避けなければならない。

 

警察の対応が必要だ。

 

警察の対応は?住民は避難。陸上自衛隊に処理を申請。

警察は、陸上自衛隊に処理を申請した。

陸上自衛隊の到着が急がれる。

 

そして、万が一の爆破に備え、

駐在所から半径100メートルの道路を封鎖。

 

近くの住民に避難を呼びかけている。

 

「駐在所から半径100メートルで大丈夫か?」

といった不安の声も見られる。

 

まずは、住民の安全が第一である。

 

住民は、一体どこに避難したのだろうか。

 

仙台市立桜丘小学校に避難か。避難場所はどこ?

▼仙台市立桜丘小学校

住民は、

仙台市立桜丘小学校に避難している。

 

近くには、手りゅう弾が保管されている、

桜ヶ丘駐在所が見られる。

 

少し現場と近いような感じもする。

 

仮に爆破したときの影響が心配である。

 

小学校の教頭は、

「詳しい状況は分からない。」

「教育委員会と連絡を取りながら対応を進めていく。」

と話した。

 

事件の早期解決が求められる。

 

住民の幸せな日常が、

速やかに復旧することを願う。

-ニュース

Copyright© オオカミニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.