エンタメ

松岡修造の都市伝説!天気ネタはNG!?暑さ寒さ天気や気候が連動か

投稿日:

2019年5月26日、

北海道で39.5度を記録した。

 

5月の北海道で、この気温。

異常気象である。

 

しかし、そこには、松岡修造が。

ネットでは、納得する声が上がった。

 

松岡修造ってどんな人?

プロテニス選手時代の動画は?

今回以外にも数々の伝説があるの?

明日の励みになる名言をくれるって?

 

疑問を解決していく。

 

北海道39度を記録!松岡修造がテニス教室イベントに。

異常気象が続く。

北海道では、驚異の39度をマークした。

 

その時、北海道には、松岡修造の姿が。

ネットは驚愕した。

 

メディアは以下のように報じた。

前日25日から記録的な猛暑が続く北海道では26日、佐呂間町で気温39度、帯広で38度超を観測した。

ネット上では「松岡修造でもいるのか」との冗談半分のツッコミが入ったが、松岡修造の居場所の捜索がかけられた結果、25日に、北海道の北広島市で「松岡修造のテニスパーク」が開催されたことが判明。ネット上にイベントのポスターも拡散し「松岡修造 北海道にいるのかよ」「本当におった」「松岡修造…お前か…」「そりゃ39度とか観測するわな」と驚きや、おもしろがるコメントが投稿され、松岡修造がトレンド上位にあがっている。

「アツい男」松岡を巡っては、2014年のソチ冬季五輪の際、松岡が現地レポートのためにソチに向かったところ、日本が寒波となり、逆にソチの気温が上昇して雪が溶けたことがあり、その後も、リオ五輪でも猛暑を起こすなど、伝説を作り続けており、新たに北海道の5月の観測史上1位の記録猛暑を起こる格好となった。

引用:https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/entertainment/20190526093.html

 

日本一熱い男松岡修造。グランドスラムベスト8進出。

出典:https://grapee.jp/680482

 

名前:松岡修造(まつおかしゅうぞう)

出身地:日本

生年月日:1967年11月6日

年齢:51歳(2019年5月現在)

身長:188㎝

職業:スポーツキャスター、元テニス選手

 

熱い男として世間にしられる松岡修造。

 

彼の数々の熱い名言や行動にファンも多い。

 

元男子プロテニス選手で、

グランドスラムベスト8に進出など、

かなりのテニスの腕前の持ち主である。

 

松岡VSシュティッヒ。ウィンブルドンでのテニス試合。

出典:YAHOO

 

世間のイメージは熱い男。

しかし昔は、世界を舞台に戦っていたテニス選手だった。

 

1996年ウィンブルドン。

VSシュティッヒとの対決だ。

 

もう20年前の動画なので、

映像の乱れはご了承願いたい。

 

プレースタイルは、

威力の高いサービスショットを武器に、

相手のバランスを初手で崩していく。

 

熱い男であることは、この戦いから伝わってくる。

 

数々の都市伝説。雪不足。気温上昇低下。晴れ男。

1.バンクーバー冬季五輪に行く→バンクーバーが雪不足

2010年バンクーバー冬季五輪。

松岡はキャスターとして現地に入った。

すると、大会期間中、暖かくなりすぎることに。

雪のコンディションが低下。

深刻な雪不足に悩まされた。

 

2.夏にオーストラリアに行く→日本の気温が低下

2014年の「パンパシフィック水泳2014」

オーストラリアで開催されたこの大会のMCが松岡に。

オーストラリアに向かうために日本を出国すると、

日本は真夏なのに気温が急低下。

そして、松岡が日本に戻ってくると、

気温が一気に急上昇した。

 

3.3日連続の雨予報の祭りに参加→3日間快晴

2017年7月に神奈川で開催された「湘南ひらつか七夕まつり」

開催前まで、3日間連続の雨予報。

しかし、いざ当日になると、3日連続の快晴。

そこには、もちろん松岡がいた。

驚異の晴れ男でもあるのだ。

 

4.麻酔なしで歯の治療を行う。

「痛みは気の持ちようで感じなくなるのでは」

そんな危険な考えをした松岡。

歯の治療を麻酔なしで行った。

その経験で、何を悟ったのか。

真相は不明である。

 

松岡は天気ネタNG!?俺が本気を出してコントロール。

松岡は、天候を操れる説が浮上している。

 

今回のように、何かあると、

ネットやメディアが騒ぎ始める。

 

しかし松岡本人は、

ネットでの自身をネタにした動画に感謝しつつ、

「自分の行動が天気を左右する説を扱わないで欲しい」

と報道陣に話したことがある。

 

ただ、いじられるのが嫌いというわけではない。

 

NGの理由は、

「世界では天候によってつらい思いをしている人もいる」

「僕の行動で天候が分かるとしたら責任が重すぎる。」

「僕が天気をコントロール出来るなら、本気を出し続ける」

と語っている。

 

相変わらずの男気ぶりが感じられる。

松岡修造の熱き名言集。励みや元気、タメになる言葉。

 

勝ち負けなんかちっぽけなこと。

大事なことは、本気だったかどうかだ!

 

ベストを尽くすだけでは勝てない。

僕は勝ちに行く。

 

いまの僕には勢いがある。

 

ミスをすることは悪いことじゃない。

それは上達するためには必ず必要なもの。

ただし、同じミスはしないこと。

 

褒め言葉よりも苦言に感謝。

 

真剣だからこそ、ぶつかる壁がある。

 

崖っぷちありがとう!最高だ!

 

-エンタメ

Copyright© オオカミニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.