ニュース

土佐犬に人が襲われ殺害⁉檻で男性死亡。兵庫県南あわじ市、犬世話中

投稿日:

26日夜、兵庫県南あわじ市。

男性が、土佐犬のおりの中で死亡しているのが確認。

 

血を流して倒れているのを、

男性の妻が発見した。

 

一体どんな事件だったの?

土佐犬が人を食べたの?

 

疑問を解決していく。

 

土佐犬に人が襲われ殺害⁉男性の福本勤さんが死亡。

出典:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190527/k10011930601000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

 

26日午後8時40分ごろ、

兵庫県南あわじ市松帆西路。

 

無職の福本勤さんが(82)が、

自宅近くの犬のおりの中で、

血を流して倒れているのを妻に発見された。

 

通報を受けて消防や警察が駆け付けるものの、

福本さんは、その場で死亡が確認された。

 

警察によると、おりの中には福本さんが、

知人から預かっている1頭の土佐犬がいたそうだ。

 

福本さんの背中などには、

噛み跡、ひっかき傷のようなものがあった。

 

警察は、福本さんがおりに入った際に、

土佐犬に襲われたとみて、詳しい事情を調べている。

 

兵庫県南あわじ市松帆西路。事件の場所は?家の住所は?

▼事件が発生した地域

 

兵庫県南あわじ市松帆西路で事件は発生した。

 

福本さんの家の住所は報道されていないが、

この町のどこかであることは間違いない。

 

土佐犬は最強の闘犬で闘争本能や性格が危険!?

出典:ウィキペディア

 

【名前】

土佐犬(土佐闘犬)

 

【体格】

筋肉質で頭は大きい。

長い尻尾に、耳はたれ耳。

体重は30㎏から100㎏超まで様々。

 

【毛色】

赤、黒、虎が基本色。

 

【寿命】

10~12年ほど。

 

【性格】

元々は闘犬用の犬。

なので、闘争本能が非常に強く

オス同士は近づけない方が良いと言われている。

 

かなり危険な犬で、

扱いには十分な配慮が必要だと考えられる。

 

土佐犬は海外では危険犬種!規制や厳重な管理が必要。

出典:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190527/k10011930601000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

 

鎌倉時代ごろから娯楽として

犬同士の戦い「闘犬」が行われていた。

 

土佐犬は、この闘犬に使われていた。

 

闘争心が強く、オス同士での接触は危険だ。

 

そのため、イギリスやフランスなどでは、

土佐犬を「危険犬種」として飼育の規制対象に。

 

日本では特に規制はされていないが、

一部自治体で規制がされている。

 

土佐犬を飼育する際には、

鋼鉄製のおりに入れ、

周辺を鉄柵で囲むなど、

厳重な管理が望まれている。

 

土佐犬による殺害(死傷)事件!青森、神奈川、北海道など

今回だけではなく、

過去にも土佐犬による死傷事件があった。

 

いくつか紹介していく。

少し心臓に悪いので、お気を付けて。

 

<2008年10月>

大阪府にて放し飼いの土佐犬。

小学生と郵便配達員を襲い、重傷を負わせた。

飼い主は、重過失傷害容疑で逮捕された。

 

<2009年2月>

愛知県稲沢市にて、

土佐犬が通行人や飼い犬を襲い、

重傷を負わせる事件が発生した。

警察官も軽傷を負わせ、拳銃で射殺された。

 

<2014年2月>

北海道にて放し飼いかつ未登録、

狂犬病予防未注射の土佐犬2匹が、

女性を水死させる事件が発生。

重過失致死容疑と狂犬病予防法違反で、

飼い主は逮捕された。

 

<2016年4月>

神奈川県で暴力団組長が飼育していた土佐犬。

散歩中のプードルに噛みつき、さらに女性の手を噛んだ。

この犬は過去にも、

2014年10月に、ミニチュアダックスフンドを噛み殺し、

2015年10月には、柴犬に噛みついたという前歴もあった。

飼い主は、土佐犬の飼育を、

2016年4月まで横須賀に登録していなかった。

犬の世話をしていた暴力団幹部と組長は共に、

狂犬病予防法違反の疑いで逮捕された。

 

<2016年9月25日>

青森県で飼育されていた土佐犬2頭。

おりから逃げ出して、

そのうちの1頭が8歳男児の腕と尻を噛んだ。

2頭はいずれもすぐに捕獲された。

 

いかがだっただろうか。

土佐犬人を殺せるほどの、

恐ろしい力を持っていることが分かっただろう。

 

殺害事件の考察!福本さんはなぜ殺されたのか?

出典:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190527/k10011930601000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

 

今回の事件。

紹介してきたような乱暴な土佐犬によって、

福本さんは殺害されたとみられている。

 

しかし、福本さんが土佐犬初心者かというと、

そういうわけではない。

 

福本さんは、捕獲された犬を含め、

合わせて4頭の土佐犬を育てていて、

毎日、餌やりなどをしていたとのこと。

 

つまり、土佐犬の扱いには、

比較的慣れていたと思われる。

 

しかし、ここで問題なのが、

捕獲された犬以外の土佐犬を飼っていたということ。

 

福本さんを襲い捕獲された犬は、

知人から預かった土佐犬である。

 

つまり、捕獲された犬にとっては、

事件の現場がマイホームではないのだ。

 

見知らぬ地に連れてこられてたということ。

 

ましてや、自分以外にも同じ土佐犬がいる。

 

土佐犬の特徴である、

強い闘争心がむき出しになったと思われる。

 

そして、餌をやるためにおりに入った福原さんに、

他の土佐犬の匂いがついており、殺害したのではないだろうか。

 

犬の嗅覚は人の1億倍とも言われている。

 

可能性は考えられるだろう。

 

※これらは、あくまで個人の見解である。

 

福本さんのご冥福をお祈りするとともに、

事件の早期解決が求められる。

-ニュース

Copyright© オオカミニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.