トレンド

旧友や知人から突然のLINEはマルチ商法⁉勧誘の特徴や断り方は?

投稿日:

「誕生日おめでとう、久しぶりに食事しない?」

 

昔の知り合いからの突然のLINE。

これはマルチ商法なのか?

 

最近、突然LINEで旧友から連絡が来て、

マルチ商法のようなものに勧誘される被害が多発。

 

マルチ商法ってなに?

マルチ商法を勧誘してくる人の特徴は?

勧誘をされたときの上手な断り方は?

 

疑問を解決していく。

 

旧友や知人からの突然のLINEはマルチ商法なの?

出典:YouTube

 

最近、LINEなどのSNSを活用した、

マルチ商法の勧誘の被害が多数報告されている。

 

上記の動画とおり、

突然の連絡から不自然な流れで、

マルチ商法の勧誘をしてくるのだ。

 

誰もが毎日使っているSNS。

 

自分が被害を受ける可能性は、

決してないとは言い切れない。

 

私たちはどうすればいいのだろうか?

 

マルチ商法とは?勧誘の連鎖がつくるピラミッド組織。

そもそもマルチ商法とは何なのだろうか?

 

マルチ商法とは、

会員が新しく会員を勧誘し、

その会員がまた新しい会員を勧誘することで、

ピラミッド状に拡大していくものである。

 

商分の販売額に応じて、

ポイントが支払われる仕組みで、

自分が勧誘した人のポイントも数%自分のモノになる。

 

そのポイントに応じて、

自分の報酬階級が決まる場合が多い。

 

自分一人の力には限界がある。

 

なので、多くの会員は、

友人や知人を勧誘するのに力を注ぐのである。

 

マルチ商法の勧誘の特徴とは?突然の連絡。夢を語る。

マルチ商法をする人の特徴を、

事前に知っておくことをオススメする。

 

いざというとき、

自分や家族を守るためだ。

 

主な特徴として、

・いきなりのLINEや食事の誘い
・決まり文句は誰でも簡単に
・○○さんに会わせようとする
・リスクについて説明しない

といったモノが挙げられる。

 

1つずつ丁寧に紹介していく。

 

いきなりLINEや食事の誘いがくる

「ひさしぶり~。今度食事行かない?」

 

何の用もなく(無理やり用をつくり)、

昔の友達や知人から連絡がくる。

 

よくありがちなパターンだ。

 

もちろん、マルチ商法の勧誘とは、

全く無関係のこともある。

 

しかし、どう考えても不自然な流れの場合は、

警戒したり断ることをオススメする。

 

誰でも簡単に簡単に稼げるよ

「楽してお金が稼ぎたい」

「働きたくないけどお金欲しい」

 

そんな夢見がちな弱者をターゲットに勧誘を行う。

 

マルチ商法で使われる決まり文句として、

「誰でも簡単に稼げる」「副業を始めませんか」

「月収100万円」「不労所得」

「自由を手に入れる」

などのワードが使われる。

 

こんな言葉を聞いたら、注意が必要だ。

 

○○さんに合わせる

「尊敬する人」「成功者」

なる人に会わせようとしてくる。

 

この勧誘方法はABCと言われる。

A=Adviser(成功者)

B=Bridge(勧誘者)

C=Customer(あなた)

 

「あの人は本当にすごいの!」

「ぜひ一度会ってみなよ!」

 

そんな言葉でAに会わせようとする。

 

このA自身も、

本当に成功しているかは定かでなく、

たいていの場合、見かけだけの偽物である。

 

リスクに触れない

「心配することはないよ~」

 

勧誘をしてくる人は、

あなたを金としか思っていない。

 

金に支配されている状態だ。

 

あなたが例え損をしても、

正直どうでもいいと思っている。

 

なので、リスクがあったとしても、

それを言わずにメリットだけを並べる。

 

男がいれば女がいるように、

メリットがあればデメリットがあるものだ。

 

マルチ商法の勧誘の断り方とは?遠慮はいらない!

マルチ商法に勧誘されたとき、

どのようにして断ればいいのだろうか?

 

有効な断り方を2つ紹介する。

 

ハッキリと断る

心が優しい人は、

「ちょっと怪しいかな」「少し考えてみるね」

と決断をあいまいにする。

 

そんな風な断り方だと、

勧誘者はここが勝負時だと更に熱を上げる。

 

ある意味、逆効果だ。

 

なので、はっきり断ろう。

「マルチ商法はやりません!」

「今の生活で満足しています!」

 

ハッキリ言うことで、

勧誘者の熱は下がるだろう。

 

決して、遠慮はいらない。

 

その後は、態度を変え、

少し落ち込んだ表情で帰っていくに違いない。

 

連絡を絶つ。縁を切る。

勧誘者は、あなたを金としか思っていない。

 

ただ、利用されるだけだ。

 

怪しいLINEが来たり、食事の場で勧誘があったら、

その場で連絡先を消し、そして一言。

 

「じゃあね、さようなら」

 

可哀そう?

そんなことはない。

 

勧誘者は、あなたを金としか思っていない。

 

すぐに切り替えて別の人をあたるだろう。

 

関わらないようにすることが一番だ。

 

世の中そんなに甘くない。稼ぎたいなら働け!

いかがだっただろうか。

 

「楽して稼げる!」

「不労所得で自由を!」

 

そんな言葉に誘惑され、勧誘されてしまう。

 

これは、勧誘している人はもちろんだが、

勧誘に乗った、乗りそうになった自分も悪い。

 

世のなか、そんなに甘くない。

 

誰でも稼げるなら、

お金持ちも貧乏も存在しないはずだ。

 

金に支配され、人を金と思い、金のために動く。

 

本当にお金持ちになりたいなら、

金を操る側になる必要がある。

 

マルチ商法に関わっている時点で、

お金持ちとは真逆だということだ。

 

世を知れ。そして、働け!

-トレンド

Copyright© オオカミニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.