ニュース

加藤さんTwitter消えた⁉キャラメルボックス活動休止はなぜ?

投稿日:

人気劇団の「演劇集団キャラメルボックス」が、

劇団の活動休止を公式サイトで発表しました。

 

突然の発表にファンは驚き。

哀しみの声が挙げられています。

 

キャラメルボックスとは?

活動休止の理由は?

 

疑問を解決していきます。

 

活動停止のキャラメルボックスってどんな劇団?

出典:YAHOO

 

名前:演劇集団キャラメルボックス

所在地:日本

会社:株式会社ネビュラプロジェクト

代表者:加藤昌史

 

キャラメルボックスは日本の演劇集団です。

 

1985年、

早稲田大学の演劇サークル「てあとろ’50」出身、

成井豊加藤昌史などが結成しました。

 

2015年には、

劇団結成30周年を迎えるほど、

多くの人から愛されていた劇団集団です。

 

そして、2019年5月、

活動を休止しました。

 

公演作品、

「柿本家サーガシリーズ」「まつさをな」

「水平線の歩き方」「サボテンの花」などで、

多くの観客を魅了してきました。

 

キャラメルボックス活動休止を公式サイトで発表。

活動休止について、

キャラメルボックスの公式サイトから発表がありました。

 

お知らせとお詫び

キャラメルボックスの活動休止について

突然のお知らせで申し訳ありません。
この度、私達、演劇集団キャラメルボックスは、諸事情により、
2019年5月31日をもって、劇団の活動を休止いたします。
次回公演に予定しておりました『エンジェルボール』
続編の上演は延期させていただきます。
キャラメルボックス・サポーターズ・クラブを始め、
キャラメルボックスの公演を楽しみにしてくださっていた皆様に深くお詫び申し上げます。
劇団としての活動は休止しますが、
各劇団員はそれぞれの場で芝居作りを継続してまいります。
勝手なお願いで恐縮ですが、
今後も温かく見守っていただけましたら幸いです。

2019年5月31日 キャラメルボックス代表・成井豊

引用:キャラメルボックス

 

公式サイトでは、

以上のように報告をしました。

 

5月31日に発表して、

5月31日をもって活動休止だなんて、

本当に急な報告ですね。

 

活動休止の理由は?加藤さんのTwitterが消えている?

活動休止の理由は、

明らかにされていません。

 

公式サイトの文章を見て見ると、

次回公演の予定であった「エンジェルボール」を、

延期するとの記載があります。

 

普通、活動休止の予定があったら、

公演の予定は入れませんよね?

 

つまり、本当に突然、

活動休止を決めたということです。

 

ネットでは、

加藤社長のTwitterが消えたことに、

多くの憶測が飛んでいます。

 

調査してみたところ、

確かにTwitterのアカウントは消えていました。

 

活動休止の発表も、

成井さん1人からの発表でした。

 

心配がつのります。

 

ネット(Twitter)の反応は?残念、再開を望む声が。

ネットでは、以下のような反応が見られました。

 

大好きな劇団。

本当に本当に残念です。

 

当たり前じゃなかったんだ。

 

色々想うことはあるけど、

私は待ってます。

 

とても残念。

ただただ復活を祈りたい。

 

沢山の愛を感じさせてくれた劇団。

 

驚きを隠せない。

再開を待ちたいと思う。

 

ネットでは、

突然の発表に驚きの声が多数見られました。

 

たしかに、驚きですよね。

 

悲しむ声、驚きの声は見られたものの、

再開を待ち望む希望の声で溢れていました。

 

本当に再開してほしいです。

 

活動再開は本当にするのか?いつになるの?

果たして、活動は再開するのでしょうか。

 

解散ではないことから、

活動再開の可能性は十分に考えられます。

 

代表の成井豊さんは、

「個人的には長い期間を空けずに再開したい」

と語っています。

 

なので、準備が整い次第、

活動が再開される可能性があります。

 

しかしながら、

本当に突然すぎる活動休止の報告だったので、

そこが心配になります。

 

話せる範囲でいいので、

ファンには理由を話してほしいですよね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

突然の発表に、驚きの声が多数見られました。

 

最近は、嵐やパオパオチャンネルなど、

突然の解散・活動休止の発表が多いです。

 

ずっとあると思っていたものが、

突然なくなってしまうことを、

身をもって感じている人も多いと思います。

 

日常は、いつ無くなるかわかりません。

 

日々を大切に生きましょう。

-ニュース

Copyright© オオカミニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.