ニュース

磯子区新杉田駅で横浜シーサイドラインが逆走!無人運転電車暴走か。

投稿日:

6月1日午後8時過ぎ、

神奈川県横浜市を走る、

新交通システム「シーサイドライン」の新杉田駅で、

電車が逆走する事故がありました。

 

事故によって、14人が怪我をしました。

 

一体、どんな事故だったのでしょうか?

どうして逆走してしまったのでしょうか?

 

疑問を解決していきます。

 

磯子区新杉田駅で無人の横浜シーサイドラインが逆走!

事故が起きたのは、

新交通システム「シーサイドライン」の新杉田駅。

 

6月1日午後8時15分頃、

「電車が逆走して怪我人がいるようだ」

と110番通報がありました。

 

新杉田駅が始発駅であり、5両編成だった電車。

 

出発したと思うと、いきなり逆の方向に進み、

およそ25メートルの逆走をしたそうです。

 

そして車止めに衝突。

 

14人もの乗客が怪我をしました。

 

どうして事故は起きたのでしょか?

 

磯子区新杉田駅でシーサイドライン逆走!事故原因は?

出典:YAHOO

 

事故の原因は、現在調査中です。

 

国の運輸安全委員会は1日の夜、

調査官を2人現場に派遣しました。

 

「シーサイドライン」を運行する会社の社長は、

「真摯にお詫びしたい」と謝罪を行いました。

 

ここで、議論されるのが、

この「シーサイドライン」は、

無人運転だったということです。

 

つまり、人が操縦していないということで、

機械のバグが原因なのではないかと考えられます。

 

怖いですね。

 

自動化が進む現代において、

また1つ不安要素が強まりました。

 

横浜市磯子区新杉田駅が事故の現場!近くには小学校も。

 

事故が起きた新杉田駅は、

神奈川県横浜市磯子区新杉田町にあります。

 

横浜市ということで、

頻繁に人が利用していたと考えられます。

 

近くには小学校もあり、

児童の怪我の心配がつのります。

 

怪我人は14人!全員命に別状はなしか。

出典:YAHOO

 

電車に乗っていた30人のうち、

14人がこの事故で怪我をしてしまいました。

 

しかし幸いなことに、

全員、命に別条はないとのこと。

 

安心しましたね。

 

それにしても乗客の約半分が怪我だなんて、

かなり高い確率ではないでしょうか。

 

やっぱり電車が逆走するなんて、

予想外すぎたのだと思います。

 

電車が発車するときって、

発車の方向に伴って倒れないように、

身体の重心を片足移動すると思います。

 

それとは逆の動きを電車がしたのですから、

重心のバランスが崩れてしまったのだと思います。

 

ツイッター(Twitter)の反応は?ハッキングか?

最近の日本やばいな。

 

原因がわからないのは、

本当に怖すぎる。

 

乗り物事故多すぎない?

 

ハッキングされたのかな?

 

死者が出なくて何より。

 

こんな事故は、

今夜限りにしてね。

 

ネットでは、

驚きの声が多数見られました。

 

個人的に印象に残ったのは、

「原因がわからないのは本当に怖すぎる」

という反応。

 

たしかに、

原因がわからないって本当に怖いですよね。

 

ましてや無人ですから、

機械の誤作動ハッキングなど、

多くの予想が立てられています。

 

真相の究明が急がれます。

 

運転再開は未定。始発運転見合わせ。利用者減少か。

運転再開の目処は、立っていないとのこと。

 

6月2日の始発も運転見合わせです。

 

仮に運転を再開しても、

今回の時の事故を警戒して、

利用者が減ると予想されます。

 

今後の運営も、

大変になってくると思われます。

 

いつ何が起こるかわかりません。

 

日頃から、何かあったときに備えて、

自分が取るべき行動を考えておきましょう。

 

-ニュース

Copyright© オオカミニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.