ニュース

カネカ転勤強制辞令で炎上!育休・労務問題か。パタハラの実態とは?

投稿日:

株式会社カネカが、

育休を取得した社員に対して、

強制転勤の辞令を出したとか。

 

ネットは炎上。

 

「パタハラだ!」

「最低な会社!」

批判の声が上がっています。

 

何があったのでしょうか。

パタハラとは何なのでしょうか。

カネカはブラック企業なのでしょうか。

 

疑問を解決していきます。

 

転勤強制辞令を出した、東上一部のカネカとは?

出典:Wikipedia

 

 

名称:株式会社カネカ

市場:東証1部

設立:1949年

資本金:330億46百万円

 

株式会社カネカは、

東京都と大阪に本社を置く、

日本の化学メーカーです。

 

化成品、機能性樹脂、発砲樹脂、食品、

ライフセンス、合成繊維、医療機器など、

多くの事業を営んでいます。

 

パタハラとは?男性の育休機会や権利を職場が侵害。

今回議論になっている、

「パタハラ」について軽く説明します。

 

パタハラとは、

パタニティーハラスメントの略。

 

パタニティーとは、

「父性」という意味です。

 

つまり、パタハラとは、

男性が育児参加を通じて、

父性を発揮する機会や権利を、

職場が侵害する言動のことです。

 

カネカ強制転勤辞令を妻が告白。ネットは大炎上!

https://twitter.com/papico2016/status/1134650177745068033?s=20

 

こちらが、炎上中のツイートです。

 

6月1日に、

パタハラを受けた男性社員の妻が、

声を上げたことがきっかけです。

 

育休を明けた旦那が、

いきなり関西に転勤になったとのこと。

 

ひどい話ですね。

 

その後、続けて、

このように投稿しています。

 

 

#カガクでネガイをカナエル会社

とハッシュタグを投稿。

 

この言葉をキャッチフレーズにしている、

「株式会社カネカ」での出来事だということが、

世間に知れ渡りました。

 

あの日系東証1部のカネカですから、

驚きの声が多く見られました。

 

拡散が少し落ち着いた後、

6月2日には以下のような投稿をしています。

 

https://twitter.com/papico2016/status/1135023069636878337?s=20

 

すでに切り替えており、

通常運転の様子。

 

強い家族だと思います。

 

今後の幸せを願います。

 

ネット(Twitter)の反応。批判の嵐。裁判になるか?

ぜひとも、

訴えてほしい。

 

うちでも、

数年前パタハラあった。

 

大変な目に遭ったな。

 

本当に最低な会社。

 

酷い。

労基に訴えよう!

 

こんなことがあるなんて。

悲しすぎます。

 

ネットでは、今回の件に対して、

「酷い」「最低!」と、

会社に対しての批判が多く見られました。

 

確かに、

ひどい話ですよね。

 

「訴えるべき!」

との反応もありました。

 

訴えるかどうかは、

当事者家族が決めると思いますが、

今回の炎上ぶりも考慮して、

勝てるのではないかと思います。

 

カネカはブラック企業?口コミは嘘だらけって本当?

今回話題なった、株式会社カネカは、

はたしてブラック企業なのでしょうか?

 

旦那がカネカに勤めている奥さんからの、

カネカの働きやすさについての口コミがあります。

 

--続いて、カネカのワークライフバランスについて教えてください。奥様から見て、残業の多さ・休暇の取りやすさなど、満足度はいかがですか?

満足です。海外へ出張することがあるので、長期不在の時は寂しいこともあります。付帯できる時はできるだけ同行できるので、海外旅行のような楽しみが増えます。旅費などは会社負担で行けるため、度々ビジネスクラスのフライトに乗ることも可能です。日本では残業が多く、接待などで遅くなりますが、海外出張の後は毎回数日の休暇があるので、体調管理にも最適です。まだ若いので一生懸命働き、休む時は遊び、アクティブに夫婦の時間も充実しています。

 

--奥様にとって、カネカはブラック企業ですか?それともホワイト企業ですか?

ホワイト企業だと思います。

--そのように感じる理由を教えてください。

大手企業でも福利厚生がたくさんあり、手当などがとても充実しています。残業も過剰にはなく、きちんと残業代も出ます。海外出張や海外勤務も希望できるので、夫婦で話し合うことも可能です。ある程度の役職がつくと転勤などは考慮してくれます。

 

引用:カンパニー通信

 

口コミには、

特に悪い印象のモノはありませんでした。

 

しかし、あくまで、表面の話だと思います。

 

口コミなんて、操作しようと思えば、

簡単にできてしまいます。

 

現実は、今回の件を考えると、

分かるのではないかと思います。

 

私達は、企業の闇を明かしていくべきだ!

いかがだったでしょうか。

 

ひどい話でしたね。

 

今後カネカは、

経営や株価、労働体制など、

大きな変化がありそうです。

 

今回のように、何かを訴えたいときは、

外部の手が加えられないところで声を上げましょう。

 

そうでないと、

会社や国に潰されてしまいます。

 

これが現実です。

 

私達は隠された企業の闇を、

どんどん明かすべきだと思います。

 

安心して下さい。

1人ではありません。

 

声を上げたら、僕らは支えます。

 

-ニュース

Copyright© オオカミニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.