ブログ ニュース トレンド

江戸川区高齢の男性の遺体発見 現場のマンションが判明  

投稿日:

江戸川区のマンションで男性の遺体 同居の長男連絡取れず

24日午後11時20分ごろ、東京都江戸川区南篠崎町のマンション一室で、通報を受けて駆け付けた警察官が、死亡している60代ぐらいの男性を発見した。顔や上半身に打撲痕があった。警視庁は住人とみて身元確認を進め、死体遺棄容疑で捜査。遺体発見時、部屋は施錠されていたことなどから同居している30代の長男が事情を知っているとみて調べている。

遺体状況や発見時しっかりと施錠されていたこと、また長男と連絡が取れていないこと

など総合的な観点からみて警察は長男の他殺説を念頭に捜査していることでしょう。

容疑者の最有力候補の長男はどこかでこのニュースを見ているんでしょうか。

もうこの世にいないなんて可能性なんかも、もしかしたらあるかもしれないですね。

どうであれ事件が解決することを祈りましょう。

遺体発見現場のマンションはどこ?

外観や警察のメディア発表の情報からみても

東京都江戸川区南篠崎3丁目6−11ルマーというマンションとみて間違いないでしょう。

都営新宿線瑞江駅から直線でわずか200メートルの閑静な住宅街の一角で今回の事件は起

きてしまったようです。

瑞江といえば元モーニング娘の後藤真希さんの生まれ故郷ということでも有名な街です。

いまだ住んでるという情報もありますが彼女も私生活の方で色々ありましたからどうなん

でしょうか。

容疑者・被害者(父親)の名前は?

現在のところ容疑者逮捕に至ってないので氏名等はまだ非公表のようです。

ですが推測できる情報としましては、現場マンションが都民住宅であるということから、

被害者家族は中堅所得層の家庭であったことがうかがえます。

都民住宅に関しては以下に簡単に説明貼っておきます。

都民住宅とは東京都と国の補助により入居者の家賃負担を軽減した、中堅所得者層を対象とするファミリー向けの賃貸住宅です。

またこんな条件があるようです。以下

  • 円満な共同生活を営めること

事件が起きてしまった今となってはなんとも皮肉な文言ですね。。。

近隣住民の証言

現場のマンションの隣に住む70代の女性は「昨夜遅くにパトカーや消防車が来て騒がしくなり、チェーンソーのようなものでドアを破っているのが見えました。こんなことが起きてとても怖いです」と話していました。

普通はよほどのことが無い限りチェーンソーでドアをこじ開けるなんてないですよね。

マスターキーなどで対応できなかった何らかの事情があるのでしょう。

SNSの反応

近隣の住民の方からしたらそりゃ不安で夜も眠れないですよね。

犯人の早期逮捕を祈るばかりです。

 

昨今増加する家庭内暴力とウェルテル効果に対する見解

今回の事件が果たして家庭内暴力に起因していたのかどうかは、あくまで推測になって

しまいます。ですが読者の皆さんも感じておられると思いますが、やはり昨今の報道をみ

ているとホントにこういった事件が増えて来ているのは事実です。

私も実際に形は違いますが、お世話になっている職場の先輩の家にお邪魔させていた

だいた際、些細なことをキッカケに先輩の内縁の妻とまだ小さい子供に対し、夫(先輩)

が怒りにまかせて暴力を振るう光景を目の当たりにしました。

そのとき衝撃を受けたと同時に、現代の日本が抱えている危機的状況をひどく痛感させら

れました。

 

もう一つ問題に感じた点は自分がもしその日その場にいなかったら、奥さんが勇気を持

って誰かに相談しない限り、その悲惨な現状が外の目に触れることがなかったことにあり

ます。

 

介護職の現場での虐待などもしばしば問題になりますが、組織で動いてる分家庭内のそ

れと比べると格段に発覚する可能性は上がるので事態が深刻化することは比較的少なくな

ります。

実際、高齢者に対する虐待の割合をみてみると家庭内の介護のケースの方が老人ホーム

などでのそれより100倍も多いという事実が統計で出ています。

 

ウェルテル効果という言葉は一般的には自殺報道に起因して連鎖的に自殺が増えること

を言いますが、昨今の虐待が原因の事件の増加をみると、そういった影響は無視できない

次元まで来ているのではないかと思わざるをえなくなって来ました。

 

プライバシーなどの問題で一筋縄でいくことではないと思います。

ただ、今この瞬間も虐待で苦しんでいる人間がいることを考えるとプライバシーなどと言

ってる場合ではないんです。そして、高齢化社会が進むこれからの時代だからこそ、お年

寄りや子供など立場の弱いひとを社会全体で見守っていくことが重要になってくるでしょ

う。

もっと日本国民全体が他人事ではなくいつ自分の身、大切な人の身に降りかかるかわか

らないという強い意識を持つことが必要なんです。

その大切さは目の前で虐待されているのを見ていながら、守りきれなかった自分が一番身

にしみて感じたことです。なので一人でも多くのひとにこの文章が、そしてこの想いが届

けば幸いです。

 

 

 

 

 

-ブログ, ニュース, トレンド

Copyright© オオカミニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.