ブログ

ウサギの頭部が三島市富士見台の路上で見つかる!少年Aの再来か?

投稿日:

8月11日午前6時25分ごろ、

三島市富士見台の路上に

うさぎの頭部が置かれていた。

警察は動物愛護法違反の疑いで犯人を追っている。

犯人はまだ捕まっていない。

犯人は何者か?

ネットの反応は?

徹底的にまとめていく。

スポンサードリンク

うさぎの頭部が三島市富士見台の路上に置かれているのを住民が発見!

11日午前6時25分ごろ、静岡県三島市富士見台の路上に、ウサギの頭部が置かれているのを付近の住民が見つけ警察に通報した。

県警三島署は動物愛護法違反などの疑いで捜査している。

同署によると、ウサギの頭部は一部茶が交じった白色で、ペットなどとして飼われていたとみられる。首を刃物のようなもので切断されており、胴体は見つかっていない。同署は他の場所で切断されて運ばれ、路上に放置されたとみている。

現場は住宅街で、交通量はそれほど多くないという。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00000026-jij-soci

うさぎの頭部が発見されたのはどこだったのか?

ウサギの頭部が発見されたのは

三島市富士見台の路上ということだが、

詳しい場所はわかっていない。

スポンサードリンク

うさぎの頭部を路上に捨てた犯人の正体は?

ウサギの頭部を路上に捨てるとは

一般には考えられないだろう。

ウサギはペットとして飼われていたと言っているが、

ペットとして飼われていたウサギの頭部を

切り離すような人間がいるのだろうか?

もしそのような人物であるならば、

異常であるという他ない。

少年Aとは?

過去に中学生の少年Aという存在が

世を賑わせたことがあった。

少年Aは猫や鳩の頭部を路上に捨て置くという

犯罪者であった。

今回の事件も少年Aを彷彿とさせるため

ネット上では

意見がすごい数飛び交っている様子だ。

スポンサードリンク

ネットの反応

少年Aのようにエスカレートする恐れがあるから、動物愛護法的な捜査ではなく、全力で捜査した方が良いのでは?

自分より弱い小動物の命を粗末に扱い、異常行動は後に凶悪犯罪につながりかねない。早急の検挙を望むとともにこのような報道が第2の犯罪を
煽る事にならなければいいのですが、、、、

私も同じような兎の頭部に出会った経験が有ります。
発見場所は開けた林道の真ん中で、首がすっぱりと切断されていました。
しかし発見場所から、犯人はやや大きめの猛禽類では無いかと推定しました。

今回のケースでも、同じ事が言えるのでは無いでしょうか?

捕まえたら氏名は公表して欲しい。でないと周囲に不安が残る。

やはり少年Aの再来ではないかと危惧する者が多かった。

全力で捜査し即刻捕まえて欲しい。

まとめ

ウサギの頭部を切断するとはもはや同じ人間としてありえない。

警察をしっかりと捜査をし、犯人を必ず捕まえて欲しい。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

引き続き良質な情報をお届けしていきます。

スポンサードリンク

-ブログ

Copyright© オオカミニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.