ブログ

渡辺修さんが墨田区向島水戸街道ひき逃げで死亡!運転手の顔写真は?

投稿日:

8月12日午前2時半頃、

東京都墨田区向島の水戸街道で、

男性2名がひき逃げされる事件が起きました。

このひき逃げ事件で渡辺修さんが亡くなっています。

事故はなぜ起きたのか?

犯人の顔写真は?

ネットの反応は?

徹底的にまとめていく。

スポンサードリンク

墨田区向島水戸街道でひき逃げが起き、渡辺修さんが亡くなる

12日未明、東京・墨田区で逆走した車に男性2人がひき逃げされ、1人が死亡し、1人が重傷を負った。

12日午前2時半すぎ、墨田区の水戸街道で、通行人から「車が人をはねて止まらず行ってしまった」と通報があった。

警視庁によると、道路を逆走した車が、自転車で新聞配達をしていた男性ら2人をはねて逃走したという。

目撃者「とにかくすごい音でした。ダーンというような音で」

目撃者「あそこのところにおじさんが倒れていたんですよ。そのまま、あお向けになっていたので、全然動く様子がないから」

はねられた2人のうち、60代の男性は病院に搬送されたが死亡が確認され、20代の男性も腰の骨を折るなどの重傷を負った。

警視庁は、亡くなったのは新聞配達員の渡辺修さん(67)とみて、身元の確認を進めている。

また、この直後に東京・台東区の路上で、フロントガラスが割れたワンボックスカーが見つかった。警視庁はこの車を運転していた60代の男性の身柄を確保して、詳しく事情をきいている。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190812-00000113-nnn-soci

スポンサードリンク

墨田区向島水戸街道のどこでひき逃げが起きたのか?

事件は画像付近で起きたと考えられています。

スポンサードリンク

墨田区向島水戸街道のひき逃げはなぜ起きたのか?

墨田区向島水戸街道のひき逃げはなぜ起きたのでしょう。

この事故で新聞配達をしていた

渡辺修さんが死亡し

20代の男が重傷を負いました。

60代の男が逆走して

ワンボックスカーを運転していたということでした。

午前2時ごろということは

酒に酔っていた可能性があります。

酒に酔った運転手が道路を逆走して

こちらに向かってくるなんて

考えたくもありませんね。

スポンサードリンク

渡辺修さんを死亡させた犯人の顔写真は?

現在は警察が事情聴取をしている最中ということで

犯人は捕まっておらず、

顔写真の公開はされていません。

またSNS特定にも至りませんでした。

情報が入り次第、追記します。

スポンサードリンク

墨田区向島水戸街道のひき逃げのTwitterの反応

スポンサードリンク

墨田区向島水戸街道のそのほかのネットの反応

原因がどうであれキッチリ責任取ってもらいたい。

本人は逆走したことも、人を轢いたことも認識していないのではないか。政府の言う生涯現役、どう見ても無理だと思う。

亡くなったのが若い方だったらもっとみんな熱が入ってたろうな。でしょ?

運転手の意思だけに依存して自由に動かせる事が限界なのかも?赤信号で止まるのもスマホ見ながらの運転も・・・マナーや性善説だけを頼ることが限界なのかも。

スポンサードリンク

墨田区向島水戸街道のひき逃げのまとめ

水戸街道でひき逃げという

大変痛ましい事故が起きてしまいました。

逆走した高齢ドライバーということですが、

きっちり責任は取って欲しいです。

亡くなった渡辺修さんにご冥福をお祈りします。

それでは引き続き良質な情報をまとめていきます。

スポンサードリンク

-ブログ

Copyright© オオカミニュース , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.