ブログ

中澤公太容疑者が三浦公美さんをトラックで巻き込む!顔画像は?

投稿日:

30日午後、埼玉県川口市の

交差点で中澤公太容疑者の乗ったトラックに自転車が巻き込まれ、

三浦公美さんがが死亡した。

中澤公太容疑者とは何者なのか?

どこで事件は起きたのか?

みんなのコメントは?

徹底的にまとめていく。

スポンサードリンク

中澤公太容疑者の運転するトラックが女子高生を巻き込む!

30日午後、埼玉県川口市の交差点で左折したトラックに自転車が巻き込まれ、15歳の女子高校生が死亡しました。

30日午後4時半ごろ、埼玉県川口市の交差点で左折したトラックに自転車が巻き込まれました。自転車に乗っていたのは埼玉県内の公立高校に通う高校1年生の三浦公美さん(15)で、病院に運ばれましたが、頭を強く打つなどして死亡しました。

警察はトラックを運転していた中澤公太容疑者(32)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。中澤容疑者は容疑を認めているということで、警察は容疑を過失運転致死に切り替え、中澤容疑者が十分に確認せずに交差点を左折したことが事故の原因とみて、調べを進める方針です。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190831-00000025-jnn-soci

スポンサードリンク

中澤公太容疑者の起こした事件をわかりやすく解説

今回の犯行を簡単にまとめると?

中澤公太容疑者が十分に確認をせずに左折して

女子高生の自転車が巻き込まれました。

病院に運ばれましたが、

頭を強く打っており、4時間後に亡くなりました。

高校1年生ということでこれからどんどん

活動して欲しかったが残念でなりません。

夏休み中に自転車に乗ってどこかに行こうとしていた矢先の出来事だったと考えられます。

どこで犯行に及んだのか?

事故現場の写真から川口市柳根町の交差点で起きたことが判明しています。

中澤公太容疑者は川口市柳根町の交差点で

左折したようですが、詳しい場所はわかっていません。

事件当時の天候

埼玉県川口市の8月30日午後4時半ごろの天候はどうだったのでしょうか。

事件当時の天候を見ると

雨だった確率が高いです。

視界不良になった時に起きた出来事だったんでしょう。

また三浦公美さんは自転車に乗っていたそうですが、

おそらく、朝は雨が降っておらず、夜に降ってきて慌てていたと考えられます。

実際に朝は雨が降ってない箇所もありました。

時間を考えると部活帰りなどでしょうか?

確認を怠ったドライバーと

慌てて帰っていた女子高生によって事件は起きたと推察します。

時間帯的に薄暗くもなり、ますます視界が悪かったのでしょう。

スポンサードリンク

中澤公太容疑者は何者なのか?

プロフィール

名前 中澤公太
年齢 32歳
住所
職業 トラックの運転手か?
逮捕理由 過失運転致死

過失運転致死の場合、

7年以下の懲役、禁錮または100万円以下の罰金です。

顔画像

現在顔画像は公開されていません。

警察から公開され次第、追記します。

facebook

またFacebookアカウントの

特定はできていません。

特定でき次第、追記します。

インスタアカウント

またインスタアカウントの

特定もできていません。

こちらも特定でき次第、追記します。

スポンサードリンク

三浦公美さんのプロフィール

こちらが被害にあった三浦公美さんのプロフィールです。

名前 三浦公美
年齢 15歳
住所 埼玉県内
職業 埼玉県内の高校1年生

亡くなられた三浦公美さんにはご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

中澤公太容疑者が起こした事件のネットの反応

Twitterの反応

みんなのコメント

車両側特に大型の運転手さんには右左折時の確認にいっそう注意してもらいたいです
ただコメ欄にもあるように自転車、歩行者側にも認識してもらいたい
一時期大型の内輪差の講義が学校でもありましたけど最近はあまり聞かないし自転車で無謀な運転する人が多くいる
交通弱者という事に甘えたような行動、交差点に突っ込んでくる、高速で40キロ超えてるぐらのスピードで走行(軽車両道交法違反)など傍若無人ぶりでは事故も起こる
自転車にも免許制度が必要かと論議が出てますが最低限の法規と簡単な車両の挙動特性ぐらい理解できない場合は交付しない、乗車不可にしたほうがいいのでしょうか?(大型トレーラー右左折時の車体ぎりぎりに近寄る恐ろしい人よく見ます)
反論はありそうですが単に自分を守る事になることを思えば批判できないと思いますがどうでしょう?
保険だけでは命は回復できないでしょう!

歩道は駄目、車両は怖いし事故の可能性高い
もしかしたら、今日本じゃ、一番危険な乗り物自転車かも知れないね。田舎なんて歩道で良い気がする。

車の左折の時に自転車が巻き込まれる事故が昔から無くならないのは、車のすぐ脇を走ってる自転車が車の運転手の死角になってて見えてない場合が多いからなんだよね。
そして車が左ウインカーを出して曲がろうとしてても自転車の方は車が止まってくれると思って強引に直進しようとするから事故が起こるんだよね。

車を運転してる人なら分かるけど車のすぐ脇を走ってる自転車やバイクが見えてない場合が多いんだよね。

自転車側もどっちが悪いとかじゃなくて自分の命を守る意識を普段から強く持って道路を走って欲しい。

車も自転車側も両者が気をつけてなければ防げないのよ。高校生の自転車はマジ危険!なかなかのスピードでおかまいなしに突っ込んで来るのはちょくちょく見る。安全に自転車を運転する高校生は少ない。
車から見て自分達がどうなのかを考えて自転車に乗っている子達が、果たしてどれほどいるのか、、、

車関係の仕事の都合で、安全意識向上の為に様々な事故の動画を定期的に視聴しています
自転車が絡む事故は、自転車側の傍若無人な運転が要因の一つになっています
法的には車側の過失割合が多くなるのが基本的ですが、道理的には自転車側の軽率な行動が一番の原因と感じるケースもあります
車側を批判するばかりではなく、自転車の運転に潜む危険性や正しいルールをもっと周知徹底させることも大事だと思います

左折トラックは危険。
死角ができて見えないのだから。
人や自転車が注意すべき。
自分の命は自分で守るしかない。
そういう努力をしてほしい。

昔からよくある話
亡くなられた方やご家族のお嘆きの心境を思うと居ても立っても居られません
こういった事故はたんなる不注意とかでは解決していかないものだと思います。
この先も続いて起こりうる事が考えられる
完全に解決しようと思えば道路の構造を変える事が急務ではないでしょうか、トラックの内輪差が発生しやすい所にポールを一本か二本 立てたりして物理的に事故の発生を抑制する事ぐらいは簡単ではないだろうか
延いては奥の歩行者の安全にも繋がって行くと思います
人の命の重さを考えればすぐにでも検討して頂きたい

若いのになくなって可哀想に。

でも、このトラックがどのくらいの大きさかは分からないけど、

大型やトレーラーは死角が多いと、自転車を乗る人たちにもっと広めてほしい。

トレーラーや大型ダンプのすれすれを通り越すスポーツタイプの自転車をよく見ますが。
ジャンバーがヒラヒラ風で煽られながら、走ってる車の横をすれすれに抜いていくのを見てひやひやします。
頭の高さまでタイヤがあるのです。

ジャンバーがタイヤに巻き込まれたら、そのまま引きずり込まれ逃げられず引きずられます。
ぐちゃぐちゃになりたくなかったら、自分の子供たちにも教えてください。

少し前にそんな状況の事故がありました。引きずられた肉片が道路に散らばり悲惨です。

トレーラーは後ろは見えません。
曲がるときは警戒して曲がるけど、スポーツタイプが急に現れ入り込まれたら気付かないと言っていました。
悲しい事故が減りますように

こういう事故を見ると、自転車の免許制は必要だと強く思う。

自転車側も、自分が運転手から見えているのか、右左折し始めた車に対して無理に前を通ろうとするのか一旦止まるのか、状況によって自転車側がとる対応を決めた方が絶対良い。

たまに居るけど、わざわざ加速して車の前を通ろうとする奴ってなんなのかね。

スポンサードリンク

事件のまとめ

中澤公太容疑者が起こした事件についてまとめました。

亡くなった女子高生の方が残念です。

ご冥福をお祈り申し上げます。

それでは最後までお読みいただきありがとうございます。

引き続き良質な情報をまとめていきます。

スポンサードリンク

-ブログ

Copyright© オオカミニュース , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.